FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. 純金積立でよく用いられるドルコスト平均法はFXでも有効なのか

  1. HOME
  2. FX テクニカル分析
  3. 純金積立でよく用いられるドルコスト平均法はFXでも有効なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純金積立でよく用いられるドルコスト平均法はFXでも有効なのか

純金積立でよく用いられるドルコスト平均法。この投資手法は、FXでも有効なのでしょうかね?

最近、若い人の間で金投資をおこなう人が増えているそうです。年金など将来の生活に不安を感じていることから投資を考えて、少額からローリスクでおこなえる投資ということで純金積立が人気とのこと。

ドルコスト平均法で購入する方法が純金積立のメリットらしいのですが、本当にそうなんでしょうか。

ドルコスト平均法とは

ウィキペディアでは、「一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する」方法と解説されています。「継続」と「定額」がポイントです。

例えば、田中貴金属工業の純金積立の場合、月々3,000円で継続して購入できます。購入金額は3,000円で定額なので、金価格が安ければ多く購入できますし、高ければ少ししか購入しません。そうすることで、定量で購入していく場合に比べて平均コストを下げることができます。

この投資方法のメリットは、時間を分散して投資することで、平均コストをできるだけ下げつつ、リスクも分散できるということです。中長期であまりリスクをとらずに安定運用をしたい、つまりローリスク・ローリターンを目指すのに向いているんじゃないでしょうか。

一方、デメリットとして挙げられるのは、利益を最大限狙えないことと、リスクを押さえるといってもゼロにはならないことですかね。

上昇を続けている相場では、平均購入価格は上がっていきます。右肩上がりで上がり続けているのであれば、最初に集中して購入したほうが購入価格は低く、そのぶん利益は減ってしまいます。逆に、下落が続く相場では、平均購入価格が下がりはするものの、ナンピンと同じ状態になるので損失は増えていきます。

FXでドルコスト平均法を活用する

FXでドルコスト平均法を活用するには、低レバレッジで中長期トレードでしょうね。

純金積立と違って、FXの場合はポジションを保有し続ければスワップポイントを受け取れるというメリットがあります。つまり、継続して保有するだけで利益を狙えるので、純金積立よりもFXのほうが適しているのかもしれません。

ただし、この投資方法を使う場合は、損切りをしないで良いぐらいの低レバレッジにしたほうが良いかなと。定期的にポジションを追加する際に、そのぶん証拠金も追加する。損切りなしでとにかく継続して運用することを優先したほうが良い気がします。

ドルコスト平均法は、純金積立のようにFXをスワップポイント狙いで中長期運用をする人には有効だと思います。あくまでも中長期運用の場合で、短期で為替差益狙いの人には向きませんね。

 

スポンサードリンク

関連記事一覧

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。