FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. iPadでFXをするなら外為どっとコムが使いやすかった

  1. HOME
  2. FX業者について
  3. iPadでFXをするなら外為どっとコムが使いやすかった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPadでFXをするなら外為どっとコムが使いやすかった

私事ですが、iPhoneやAndroidといったいわゆるスマートフォンは持っておりません。

そんな私がなぜかiPad2を持っています。ちなみに貰いもの。ついでに言うとiPodも貰いものなので、自分でApple製品は買ったことがないんです。このご時世、自慢にはならないかもしれませんが。

貰いものとはいえ、手に入れたので活用しなきゃなとFXの取引に使ってみました。その簡単な感想をご紹介。

iPadを使うメリットを挙げてみる

iPadを使うメリットで一番に挙げたいのは、手軽に使えることですね。これはおそらくスマートフォンも同じかなと。

これは取引にかぎらず、色んなサイトで為替情報を収集する際にも言えますが、パソコンとは違って簡単に起動することができるので、サクッと目的の画面を見ることができますね。妻がネットサーフィンをするのも、最近はもっぱらiPadになっています。

上はパソコンと比較したメリットだとすると、次はスマートフォンと比較したメリット。それは画面が大きいということです。スマホを持っていない私ですが、容易に考えうるメリットだと思います。

スマートフォンのように小さい画面で操作する必要がないので、ストレスを感じることはありません。これもメリットだと言えます。

専用アプリは少ない

iPadのデメリットとして考えられるのは、専用アプリが少ないことでしょうか。また、ブラウザ版でも対応していないFX業者は少なくありません。

特に、シストレツールで対応しているところは、私が知っている範囲ではない気がします。シストレに関しては、iPhoneやAndroidも同じ状況なのですが、できたら早いうちに対応してほしいですね。

通常のFX取引に関しては、推奨環境ではないものの、iPhone版FX取引ツールが使えます。ただ、iPadに画面サイズをあわせると画面が粗くなってしまいます。画面が粗かろうと取引はできるので、気にしない人であれば気にならないんでしょうけど、私はちょっと気になりました(汗)

となると、ブラウザ版、アプリ版問わずiPad版の取引ツールを提供しているFX業者がいいなと。

個人的には外為どっとコム

DMM FXのブラウザ版も試してみたんですが、どうもブラウザ版は個人的に使いづらい……。株式取引だと楽天証券のアプリが使いやすかったものの、残念ながら楽天FXには対応していません。

一番使いやすかったのは外為どっとコムのiPadアプリですね。iPhoneアプリを使うのと違って専用アプリなので、1画面に表示できる情報量が多い。チャートは複数のテクニカル指標を表示させても見やすいですし、チャートとマーケットニュースとか、チャートと取引画面とか表示してもまったく見づらさはありません。

ただ、単純にツールの使い勝手だけで選べないのがFX業者。外為どっとコムも米ドル円スプレッド1銭、午後2時から翌午前2時までユーロ円1銭、ポンド円2銭と、決して悪くはないのですが、スペックで言うと米ドル円0.3銭原則固定のDMM FXに軍配が上がります。

ツールの使い勝手で選ぶか、スペックも踏まえてトータルで選ぶかは人それぞれですね。私はツールの使い勝手で選びました。

 

スポンサードリンク

関連記事一覧

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。