FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. MT4提供FX業者が増えてきたものの……

  1. HOME
  2. FX業者について
  3. MT4提供FX業者が増えてきたものの……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MT4提供FX業者が増えてきたものの……

MT4(メタトレーダー4)を提供するFX業者が増えてきましたね。外為ジャパンやFXトレード・フィナンシャル、最近だとサイバーエージェントFXも取り扱いを開始しました。

チャートツールとして一押し

当ブログのチャート画像はMT4を利用しています。MT4というと自動売買ができる取引ツールというイメージが強いですが、個人的にはチャートツールとしてかなりお勧め

自作のプログラムで自動売買ができるとか自作のテクニカル指標(インディケーター)が使えるといった紹介が多いので、FX初心者には敷居が高いツールだと思うかもしれません。でも、MT4は初心者にも使いやすいんじゃないかと。

私が使っているテクニカル指標は、どのFX業者のチャートツールでも使えるものばかり。相場の見通し記事を書く際に掲載しているチャート画像を見てもらえればわかります。

自動売買機能もカスタムインディケーターも使っていないんだったら、取引している業者のチャート使えば良いでしょと言われそうですが、使いやすいから使っているという当たり前といえば当たり前の理由で使っています。

MT4のメリットを挙げてみる

1. 自作の自動売買、自作のインディケーター
やっぱりこれがMT4の1番の特長な気がします。プログラムを覚える必要があるので敷居は高いですが、使いこなせればかなりのアドバンテージじゃなかろうかと。

2. レイアウトの自由度が高い
チャートメインの取引ツールなので、チャートは見やすいですね。1画面に1つだけ表示することもできますし、1画面に複数のチャートを表示することもできます。1画面に1つだけの場合はタブで切り替えられるので、PCのディスプレイが小さい人は省スペースで取引可能ですね。

3. チャート設定の保存
様々なテクニカル指標を表示したチャートをテンプレートとして保存しておけます。新規チャートを表示させてもすぐに自分で設定したテクニカル指標を含んだチャートを表示することができます。

4. グループ分けができる
複数のチャートを1つのグループとして保存でき、グループの切り替えは簡単。例えば、15分足、1時間足、4時間足、日足を1つのグループとして、各通貨ペアごとに保存しておいたり、取引手法ごとに保存しておくと便利ですよ。

5. 表示できるテクニカル指標の数が多い
これは用意されているテクニカル指標の種類が多いという意味ではありません。1つのチャートに表示できるテクニカル指標の数が多いということです。

移動平均線は何本でも表示できると思います。限界まで試したことないのでもしかすると上限があるかもしれませんが、12本の移動平均線を使うGMMAは表示することができました。

リアル口座でMT4を使う必要はない

私がMT4を使う理由は2~5、特に5は大きいですね。ただ、自動売買をしていない(できない?)ので、わざわざリアル口座でMT4を使う必要はありません。

実際のところ、MT4のリアル口座はスペックがあまりよろしくない印象。ですから、私はMT4はデモ口座を開設してチャートを利用しています。私の使用目的ではこれで十分です。

FX初心者の方は、デモ口座でMT4を試してみると良いんじゃないかなと。

 

スポンサードリンク

関連記事一覧

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。