FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. 豪ドルの見通し(10/9/10)

  1. HOME
  2. 豪ドル 見通し
  3. 豪ドルの見通し(10/9/10)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドルの見通し(10/9/10)

閣議決定された緊急経済対策。
その中に「円高に断固とした措置をとる」と明記されたことから、
本日はクロス円全般が堅調に推移しています。

豪ドル円も77円後半と堅調ですが、
この後の展開はどのようになるんでしょうか。
それでは豪ドル円の見通しを。

豪ドルのチャートを見てみると

【4時間足】
豪ドル円4時間足(100910)
(豪ドル円の4時間足の平均足チャートです)

平均足は陽線が続いています。
直近の平均足は下ヒゲが出現していませんし、
上昇の流れが続いていると見ることができます。

一目均衡表を見てみると、
転換線 > 基準線
遅行線 > 平均足
平均足 > 雲
と、上昇基調を表しています。

雲に突っ込んできてしまうと下値が拡がりそうですが、
それでも雲下限の位置する昨日の安値75.90円は
底堅いサポートラインになってくると思います。

【1時間足】
豪ドル円1時間足(100910)
(豪ドル円の1時間足チャートです)

3本の移動平均線は上から短~長期と並び、
上向きになっているので上昇トレンド継続と判断。

MACD、RSIの2つのオシレーター系テクニカル指標は、
MACDはゼロラインを、RSIは50ラインを上回っています。

ただ、両方ともダイバージェンス(逆行現象)が出現しているので、
目先の豪ドル円は下げ優勢となるかもしれません。

本日の豪ドル円の見通しは → 「押し目買い」

時間足でダイバージェンスが出現していますし、
週末にかいた今週の豪ドルの見通しと同様に、
本日も「押し目買い」を狙いたいと思います。

ただ、200時間移動平均線が上昇してきていますので、
エントリーは76.20円ではなく、77.10円。
昨日から本日にかけての上昇幅の38.2%戻し、
100時間移動平均線の位置するラインからのエントリーです。

損切りは76.40円。
200時間移動平均線と4時間足の雲上限を割ったところ。
前日安値75.90円まで考えてもいいのかもしれませんが、
利確目標と損切りのバランスが悪くなってしまうので、
いったん76.40円で損切ってから、
76円付近まで下げてきたら再エントリーするのが良さそうです。

利確目標は3日高値78.03円。
ここで一部利確してストップをエントリーした77.10円にずらし、
7月末の高値圏79.20円を最終目標とします。

 

スポンサードリンク

関連記事一覧

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。