FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. 豪ドルの見通し(10/9/6-9/10)

  1. HOME
  2. 豪ドル 見通し
  3. 豪ドルの見通し(10/9/6-9/10)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドルの見通し(10/9/6-9/10)

今日は妻が友人の結婚式で不在なので、
のんびりとカフェでブログ更新と、
似合わないことをしています。

かなりのデブ症出不精な人間なので、
たまに外に出ないと引きこもりに……。

そんなわけで、久々に週末にブログ更新。
豪ドル円の見通しを書きたいと思います。

来週の豪経済指標・イベント

日時指標・イベント予想前回
9/6 10:308月ANZ求人広告件数1.3%
9/7 13:30RBA(豪準備銀)政策金利4.50%4.50%
9/9 10:308月雇用者数変化2.50万人2.35万人
9/9 10:308月失業率5.2%5.3%
9/9 10:308月労働参加率65.5%65.5%

今週の注目度の高い豪指標・イベントは、
RBA(豪準備銀)政策金利、豪8月雇用統計。

他には、日英の政策金利の発表がありますし、
ベージュ・ブック(地区連銀経済報告)が8日にありますし、
今週は結構盛りだくさんの内容となっていますね。

豪指標は今週の7月小売売上高、第2四半期GDPと
市場予想を上回る好調な結果のものが多いですが、
豪ドル円は他のクロス円同様に
米経済や円高対策など他の要因があるので、
単純に指標が強いと堅調に動くだろうとも言えません。

豪ドル円のチャートを見てみると

【4時間足】
豪ドル円4時間足(100904)
(豪ドル円の4時間足の平均足チャートです)

平均足は陽線が続いて終わりましたが、
実体部分が短くなってきているので、
上昇の勢いがあるままに終了したわけではありません。

一目均衡表を見てみると、
転換線 > 基準線
遅行線 > 平均足
平均足 > 雲
と、強気基調を示しています。

約3週間ぶりに78円を突破しましたが、
すぐに再び78円を下回ってきましたし、
上値目処は7月末の高値エリア79.20~40円ですから、
できれば押したところを買いたいですね。

【1時間足】
豪ドル円1時間足(100904)
(豪ドル円の1時間足チャートです)

200時間移動平均線を上回っていますし、
3本の移動平均線は50時間<100時間<200時間となっていて、
上昇トレンドを継続していると言えます。

MACDはゼロラインを上回っていますし、
RSIも50ラインを越えています。
ただ、両方とも下向きになってきているので、
目先は軟調に推移するんじゃないかなと思います。

豪ドルの見通し → 「押し目買い」

豪ドル円の見通しは押し目買い

エントリーは76.20円。
8/31安値→9/3高値の50%戻し、100時間移動平均線、
2日から3日にサポートされていたラインが重なるので。

もう少しリスクをとって積極的に行くなら、
8/31安値→9/3高値の38.2%戻し、50時間移動平均線の
76.70円からのエントリーでもいいと思います。

損切り、利確ラインは両方とも同じで、
損切りは200時間移動平均線を割った75.60円。
利確は7月末の高値圏79.20円とします。

 

スポンサードリンク

関連記事一覧

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。