FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. 豪ドルの見通し(10/5/12)

  1. HOME
  2. 豪ドル 見通し
  3. 豪ドルの見通し(10/5/12)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドルの見通し(10/5/12)

7500億ユーロ規模のユーロ圏支援基金の合意
ECB(欧州中銀)によるユーロ圏の公社債を購入する介入措置など、
ユーロ圏のソブリンリスクへの対応策の発表が続いて、
ギリシャ支援などのユーロ圏の財政問題は一服したのかなと思ったのですが……。

まだまだ微妙なかんじですね。
支援によって国家破綻のリスクは軽減されたのかもしれませんが、
支援をおこなう条件になる厳しい財政赤字削減計画によって、
景気悪化→支援しきれないのではないかという見方が浮上しているようです。

そんな中、本日の豪ドルの見通しを。

本日の主な経済指標・イベントは

本日これから予定されている経済指標は、
21:30の米3月貿易収支ぐらいですかね。

ただ、米3月貿易収支はあまり影響がないと思います。
市場のテーマが依然、ユーロ圏のソブリンリスク、財政問題なので。

豪ドルに関してはそれよりも、
明日の豪4月雇用統計のほうが重要ですね。

豪金利先高観が弱まっている中で、
こういった指標で強い結果が出てくるようだと、
また金利先高観が強まって豪ドル上昇していく可能性がありそうです。

豪ドルのチャートを見てみると

【4時間足】
豪ドル円4時間足(100512)
(豪ドル円の4時間足の平均足チャートです))

平均足は陽線に変わってきましたが、
それまで上下ヒゲが伸びている陰線が続いており、
方向性がはっきりしている状態ではないですね。

一目均衡表は、
転換線 > 基準線
平均足 < 雲
遅行線 < 平均足
となっています。

ばらつきがありますが、
基本まだ弱気基調で変わらずだと思いますが……。

これから平均足5~6本先の雲の位置が、
一気に86円付近から82.50円まで下がってくるので、
それまでこの水準を維持できれば、
一気に底堅い動きに変わるかもしれません。

【1時間足】
豪ドル円1時間足(100512)
(豪ドル円の1時間足チャートです)

5/4から200時間移動平均線を下回った状態が続いています。
50時間移動平均線が100時間移動平均線を越えてきましたが、
現在は3本とも下向きになってきているので、
依然軟調な流れが続くんじゃないかなと思います。

逆に、RSIとMACDは上向きになってきました。
RSIは50ラインを微妙に越えてきましたし、
MACDもゼロライン近辺にいます。

本日の豪ドルの見通しは → 「戻り売り」

200時間移動平均線を越えるまでは、
「戻り売り」で考えたいと思います。

エントリーは83.70円
200時間移動平均線、5/10高値84.75円の少し上にある
キリの良い数字の85円に損切りを設定します。

利確は82.30円。
今週開始直後の下落、本日の下落と
2回の下落が止まっているので、狙ってここまでかなと。

この週明け安値を割ってさらに下落してくるようだと、
今週開始時点に開いた窓を埋めてくるんじゃないかと思うので、
再度売りエントリーで81.20円まで狙っても良さそうです。
この場合は、20~30pips上に損切り注文を置いておきます。

 

スポンサードリンク

関連記事一覧

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。