FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. トレンドラインをトレードに取り入れる

  1. HOME
  2. FX テクニカル分析
  3. トレンドラインをトレードに取り入れる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンドラインをトレードに取り入れる

トレンドラインをチャートに描いて、取引の参考にしている方は
結構大勢いらっしゃるんじゃないかと思います。

本日はそんなトレンドラインを使ったトレードの私なりの考え方を
書いていきたいと思います。
斬新で儲かるトレード手法ではありませんので、悪しからず……。

久しぶりに為替相場の見通し以外の記事ですね。

サポートに使う?レジスタンスに使う?

トレンドラインの引き方
(ポンド円の1時間足チャートです)

ポンド円の2つの安値を引いたトレンドラインですが、
その後に2箇所、トレンドライン付近にロウソク足が近づいています。

結果を見てみると、1度目は反発して上昇して、
2度目はトレンドラインを割って下落してきました。

1度目はサポートラインとして機能して、
2度目はサポートとして機能せずに下落してしまい、
逆に反発したところでレジスタンスとなっています。

これを見て両方の動きを予想することができますか?
私は的確にサポート、レジスタンスを予想することはできません。

必ず予想をしなければいけないわけじゃない

上昇材料があるしトレンドラインで反発するはずだとか、
下落材料が多いからトレンドラインを割ってくるはずだとか、
トレンドラインで反発するか割ってくるかを
予想するのは難しいことです。

トレンドラインやサポートレジスタンスラインでは、
上に行くことも下に行くこともあると、
割り切ってみるというのはどうでしょうか。

難しいことをがんばって予想するのではなく、
どちらに動いても大丈夫なように準備をすることが
最善の手なんじゃないだろうかと思います。

トレンドライン付近で考える順番

では、どのようにトレードプランに取り入れるのか。

まずは反発を狙うところからはじめます。
上のチャートだと、トレンドライン付近からの押し目買いですね。
安値を切り上げて上昇トレンドラインとなっているので、
トレンドライン上にある以上、買いエントリーを考えます。

これがまず1つ目のトレードプランです。

では、昨日のポンド円のように、
トレンドラインを割った場合どうするか。

まず、トレンドラインを上回っているかぎりという前提が崩れたので、
買いポジションは損切りします。

でも、それで終わりではありません。
そこから売りエントリーで参加します。

これが2つ目のトレードプランです。

臨機応変にポジションを持つことが大事

これが例えばポンド円は上がるはずだという意識が強いと、
トレンドラインを割ってきたときの売りエントリーができません。
最悪、その前の買いポジションの損切りもできないかもしれません。

長期的な見通しの下で、長期の為替変動に耐えうるレバレッジで、
じっくりと持つためのポジションであればそれでいいと思いますが、
短期的に為替差益を狙うためには、すぐに売り転換できる臨機応変さと、
見通しをすぐにフラットに戻せる冷静さが必要になると思います。

上昇トレンドラインはサポートだとか、
下落トレンドラインはレジスタンスだとか、
単純に決めつけるのではなく、その通りになったときのプランと、
ならなかったときのプランをあらかじめ持っておけば、
トレンドラインを上手に活用できるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

関連記事一覧

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。