2月に入ってからクロス円の下落材料が多いのかなという印象です。
ギリシャをはじめとするユーロ圏一部の国の財政問題、
英国の格下げ懸念などなど......

特に、ギリシャなど「PIIGS」に関する問題は今週も注意が必要ですね。

PIIGSとは

「PIIGS」とは、ポルトガル(Portugal)、アイルランド(Ireland)、
イタリア(Italy)、ギリシャ(Greece)、スペイン(Spain)の
頭文字をとった略語です。

これらの国々の共通点、それは財政破たんへの懸念を持たれていること。
それぞれGDPと比較して財政赤字が高くなっていて、
ギリシャはGDPの12.7%、アイルランド15%超、ポルトガル8%、
イタリア5%、スペイン9.8%になると見られています。

これは、EUが加盟国に義務付けている
「財政赤字をGDP比3%以内に抑える」を大きく上回っており、
かなりよろしくない状況だと言えるでしょうね。

EU首脳会談、ギリシャ救済で同意したものの・・・

11日のEU首脳会談でギリシャ問題について話し合われ、
EU首脳はギリシャ救済で同意しました。

しかし、具体的な救済案は何も発表されず、
ギリシャ問題が解決しそうなかんじはしません。

本日おこなわれるユーロ圏財務相会合でも
ギリシャ問題について話し合われると見られていますが、
具体策は出てこないだろうという予想です。

早期解決はできるのか?

では、ギリシャ問題が片付いたらそれで終わりかというと
そうではありません。

当然「PIIGS」の他の国はどうするのかということがありますし、
「PIIGS」以外にも危うい国があります。

それを考えると、この問題は長期化しそうですね。

私たち為替相場で戦っている人間が注目したいのは、
仮にギリシャ救済の具体策がでたとして、
それが他の国にも適用されるものなのかということ。

ドイツやフランスといったユーロ圏主要国の財政状況も
あまり良いとは言えない状況で、すべてを救済できるのだろうかと。
そんな懸念がある中で、全部助けますと言ったところで、
PIIGSについての懸念は払しょくされないんじゃないかと
個人的にはそんな気がします。

為替で注意したいのは

「PIIGS」はユーロ圏の国のことだから
ユーロにだけ気をつければいいのかというと、
そういうわけにもいきません。

というのも、ギリシャ経済がダメになった時に
芋づる式にクローズアップされそうなのが英国やトルコといった国々。

ポンドやトルコリラはFXで取り扱っている通貨なので、
そうなると当然急落となってしまうでしょう。

特に、トルコリラはスワップ金利が高く、
トルコリラの買いポジションを持っている人が多いと思うので、
気をつけるようにしたほうがいいと思います。

 

スポンサードリンク

関連記事一覧