おはようございます。
昨日は米12月小売売上高が予想外の弱い内容だったことから、
ドル円は急落しました。

一時90.83円と91円を割れてきていたドル円ですが、
本日はどう動いていくのでしょうか。
それでは、久々ドル円の見通しを。

ドル円のチャートをチェック

【1時間足】
ドル円1時間足(100115)
(ドル円の1時間足チャートです)

本日は、先に1時間足チャートから見ていきます。

12、13日と上昇したものの200SMA手前で反落して、
現在は200SMAより下に位置しています。

RSIとMACDは昨日安値をつけてから上向いていましたが、
RSIは50ラインで、MACDはゼロラインで再び下向きに。

高値は切り下げているので、
12日安値90.72円を割ってしまうと下落が続くんじゃないかと思います。

【4時間足】
ドル円4時間足(100115)
(ドル円の4時間足チャートです)

11月下旬からじわじわと上昇していましたが、
4時間足を見てみると、トレンドラインを割っているので、
上昇トレンドはいったん終了していますね。

先に直近高値92.03円を越えてくれば、
再び上昇していくことも考えられますが、
90.72円を先に割れば下落トレンドに入っていきそうです。

本日のドル円の見通しは

本日のドル円は「90.72円割れからの売り」

ストップは直近高値少し上の92.10円に設定して、
利確の目標は89.50円。

複数のポジションで、まず90円で一部利確してから、
ストップをずらしつつ最終的に89.50円で利確。
というのがいいかもしれませんね。

損切りされた場合、ドテン買いはありだと思います。

 

スポンサードリンク

関連記事一覧