豪ドル円の見通しを。

豪ドル円日足(9/15)    豪ドル円4時間足(9/15)
(左が豪ドル円の日足で、右が豪ドル円の4時間足の平均足です。)

【日足】
先週後半から陽線が連続していますが、
転換線<基準線
遅行線<ロウソク足
ロウソク足<雲
と、一目均衡表では弱気基調継続。
基準線は下向きのままですし、まだ底打ちと考えるのは尚早かなと。

【4時間足】
先週金曜日の急騰で転換線が基準線を上回ってきました。
ただ、遅行線を見てみると平均足を上抜けられずに沿う形で下落しています。
基準線と重なる今日の安値86.46円あたりは簡単に割らなさそうですが、
割った場合はまた下げがきつくなってしまうかもしれませんね。

豪ドル円は「86.46円割れ、できれば86円割れで売り」で考えたいです。
今日の安値にストップを置いて買ってみてもいいのかもしれませんが、
あくまでもストップを置くのが絶対条件です。