おはようございます。
今日は重要な指標・イベントがいくつかあります。
その中でも注目は何と言っても、ECB政策金利発表米6月雇用統計

20:45のECB政策金利は4.25%と0.25%の利上げ予想。
今回の利上げは、トリシェ総裁の発言で完全に織込み済なので、
今回もそれより21:30のトリシェ総裁の会見内容に注目。

21:30の米6月雇用統計の非農業部門雇用者数は、
昨日のADP雇用統計が市場予測を大きく下回る弱い内容だったので、
ちょっと心配ではあります。
まぁ、ADP雇用統計が精度の高い先行指標ではないので、
実際のところ、どう転ぶかはわかりません。

それより、最高値更新しているWTI原油と約2年ぶりの安値をつけたNYダウと、
米ドルの不安要因が順調に育っているかんじがするので、
そっちのほうが気になりますね。
ちょっとしたキッカケで大きく動く地合になってきているのかも……