FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. 本日のFOMCについて

  1. HOME
  2. 為替市況
  3. 本日のFOMCについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のFOMCについて

FOMCを控えて、あまりにも相場が動きません……
動いていない中で見通しを書くのも難しいので、
FOMCで注目されているポイントを。

政策金利は据え置きで織り込み済み。
毎度のこと、注目はFOMC声明のほうです。

今月に入り、インフレ抑制のために米金利先高観が強まり、
ドル円も堅調に動いていますが……
ここ最近金利先高観は弱まってきています。

なぜか。
米経済に関しては悲観的な見通しが多く、
利上げは米経済に対してさらに悪影響を及ぼすと見られているからです。
実際昨日の消費者信頼感指数も市場予測を大きく下回るなど、
景気関連の指標は弱い数字が続いています。

こういった状況の中、声明でどういった金融政策の見通し・スタンスを示すのか。
しかも米ドルが声明内容に対してどう反応するのかが読めないから、
ここまで動かないのかなという気がします。

年内利上げ観測が米ドルの支援材料となっているので、
1. 利上げスタンス強 → ドル高
2. 利上げスタンス弱 → ドル安
となるか、
3. 利上げスタンス強 → 株安 → ドル安
となるか。
3の場合は、円高にもつながりそうで怖いですね……

今回は発表直後に結構乱高下するんじゃないかと思います。
ダマシにあわないように気をつけないといけないですね。

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。