FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. ポンド円、来年は・・・

  1. HOME
  2. 為替市況
  3. ポンド円、来年は・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンド円、来年は・・・

おはようございます。
来週は利用しているシステムが丸2日休止するのもあり、
今年はもう終了にしようかなと思っております。

そういうわけなので、今日はポンド円の来週の見通しではなく、
現状の材料を簡単に上げてみようかなと。

【売り材料】
利下げ観測
 
来年序盤での追加利下げはほぼ確実視されていますが、
さらに合計で1.00~1.50%の追加利下げが必要なんじゃないかと
見られています。
 
英経済での金融サービス業のウエイトは他国に比べて大きいので、
信用収縮問題が長期化すれば影響は深刻なようです。
住宅価格下落との相乗的な個人消費への悪影響を避けるためにも
追加利下げが必要だと見られています。

【買い材料】
1.G7の中では一番の高金利通貨
来年序盤での利下げがあったとしても、まだ最も高い金利なので、
下支えの材料になると思います。
 
2.日本の金融政策
現状、日銀の早期利上げ観測は後退しています。
日本の経済指標も弱めな内容が続き、早期の利上げ実施の材料がないので。
とりあえず、3月までの福井総裁の任期中には難しいだろうと。

ただ、今の状況で判断すると、上の2点は買い材料というより、
下支えの材料でしかないのかなと思ったりもしますけど……

材料だけで考えると、
来年は少しずつレンジが下に切り下がっていく感じですかね。
他に比べて扱いづらい通貨ペアになりそうです。

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。