FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. 今週の気になる記事・・・

  1. HOME
  2. その他
  3. 今週の気になる記事・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の気になる記事・・・

休みなので、為替の見通しとは全然違う話でも……

今週木曜日の日経新聞に気になる記事がありました。
「FX業者を集中検査」というものですが、
これについての個人的な感想を書こうかなと思います。

サブプライム問題の影響で10月・11月と破綻する業者が出てきて、
しかも2社ともに顧客に被害が及ぶ可能性が高いと。
これ以上、同じことが起こらないようにするために
証券取引等監視等委員会が検査を行うようです。

まぁ、自分の身に起きてもおかしくないことだけに
しっかりと業者のチェックをしてもらうことはいいことなんですが……

記事に、去年7月~今年6月の間に検査を実施した12社すべてで
「財務や投資家保護上の問題点を指摘した」と。

1つ2つならともかく、検査したすべてのFX業者で問題があったなら、
そのときに早急に全業者に対して検査を実施していれば、
今回の2社の件は防げたのかもしれないんじゃないかと、
そんな風に思ってしまいます。

 

そもそもFXって不透明な部分が多いですよね。
今回の件で業者の実態って確かに不透明だなぁと思いましたが、
取引についてもレート・スプレッド・スワップと不透明なんですよね。
FXって取引所で統一して取引を行っているわけではないので、
仕方がない部分なんでしょうけど……

実際そのおかげで顧客が恩恵を受けているところもあるし。
手数料・スプレッド・スワップ金利といった部分が、業者の競争で
よりよい条件がでてくるのはそれが理由でしょうから。

 

今回の記事でしみじみ思ったのが、
会社の信用リスクって相当大きいのかもなってことですかね。
取引前にする決断が一番大事っていうのもなぁって気もしますが。

FX自体はすごくいい金融商品なんだから、
業界もよりよくなってくれることを願います。

 

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。