FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. ポンド堅調・・・

  1. HOME
  2. 為替市況
  3. ポンド堅調・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンド堅調・・・

BOEインフレ報告を受けて、ポンド円が元気いいですね。
今夜は、特に指標の発表がないですが、
どんな動きをするんでしょう…
 
 
≪昨日からの動き≫
 
FOMCは予想どおり据え置き、声明内容も、ほぼ前回と変わらずでした。
サブプライム問題について、「住宅市場の調整は継続中」と。
全体的には、「経済は今後数四半期緩やかに拡大」ということでした。
 
発表直後にNYダウ急落→円買いとなりましたが、
すぐにNYダウ急反発→円売りと一転。
 
RBAも予想どおり、こちらは0.25%利上げ。
声明で堅調な経済、依然として強いインフレリスクがありましたが、
今後の追加利上げに関する具体的な内容はなしでした。
 
とりあえず、今後の経済指標の内容次第といった感じなんですかね。
 
 
≪ここからの流れは≫
 
リスク回避の流れが一服したかどうか?というところですかね。
 
昨日、ドルの巻き戻しがそろそろあるのかな、と書きましたが、
今の時点ではある程度としか判断できませんね。
ユーロドルも昨日より高い水準にありますし…
 
FOMCの声明もよしと言える内容ではなかったし、
まだまだNYダウの動きに連動しているところがあるので…
特に今晩のような主な指標の発表がない時は注意したいですね。
 
 
≪注目通貨は、ポンド≫
 
18:30のBOEインフレ報告で、
「1回の利上げで、CPI は2009年に目標水準へと回帰」と。
追加利上げ観測が強まり、ポンドは強く推移していますが…
 
ただ、これって考え方によってはあと1回の利上げで終了するって、
受け取れたりしないのかなと思ったりもします。
 
まぁ、インフレリスクが強いままだったり、経済成長持続となれば、
さらなる追加利上げ観測というのもでてくるでしょうけど…
 
「CPI が上振れるリスク、幾分減少した」
「英の成長率、向こう2年で2.5%水準へと低下する見込み」
ともあったのが気になるところです。
 
ポンドが底打ちという判断は時期尚早だと思うので、
ポンド堅調な流れが続くかどうかを見ておきたいですね。
 

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。