久々に米ドルの来週の見通しでも書こうかなと…
 
他のクロス円と比較して戻りが弱いのは、昨日も書いたように
キャリートレード再開 → 円売り
住宅市場への懸念・利下げ観測 → ドル売り
という両方の材料があるからですが。
 
今週のFOMC声明文は、いいように解釈するとタカ派よりの発言から
中立のスタンスになり、金利政策に関しても柔軟性を持たせると。
(いいように解釈しすぎかもしれませんが…)
 
住宅市場のサブプライムローン問題の影響をどう考えているか、
28日のバーナンキ議長の発言は注目したほうがいいかもしれませんね。
懸念を表明すると、景気後退リスク→早期利下げ観測→ドル売り
逆に楽観的だとドル売り圧力が和らぎ、ドル円上昇と。
 
基本的には、117、118円台と狭いレンジで動きそうですね。
 
3/26~3/30の主な米経済指標
3月26日23:002月新築住宅販売件数
3月27日23:003月消費者信頼感指数
 23:003月リッチモンド連銀製造業指数
3月28日21:302月耐久財受注
  バーナンキFRB議長議会証言
3月29日21:30第4四半期GDP確定値
3月30日21:302月個人所得・支出
 21:302月PCEデフレーター
 22:453月シカゴ購買部協会景気指数
 23:003月ミシガン大消費者信頼感指数