おはようございます。
 
昨日のユーロポンドは政策金利発表が明暗を分けましたね。
 
サプライズ利上げのBOEとトリシェ総裁会見で「インフレ圧力を
強く警戒する」という翌月の利上げ予告がなかったECB。
 
ポンド円は234.83円までいき、1日で約4円上昇し高値更新。
ユーロ円は156.33円まで上昇したのに、会見後に155.09円まで下落。
 
ただ、ユーロ円も1日では上昇して終わってますから…。
そんなに大崩れという事にはならないとは思います。
他のクロス円は引き続き堅調に推移していますから、相変わらず
日本円が最弱と見られているのかなという感じがしますね。
 
上ヒゲの長い陽線ができたのが気になるところですが、
サポートラインが154円あたりにあるので、もう少し下げてくると
買ってもいいのかなと。
 
その場合は50日移動平均153.52円を割れてくると黄色信号、
90日移動平均線151.70円を割れてくると赤信号と考えたほうが
いいかもしれません。
 
以上、個人的見解なのであまり気にしないでください。