FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. 24日のアメリカ経済指標

  1. HOME
  2. 為替市況
  3. 24日のアメリカ経済指標

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24日のアメリカ経済指標

7月新築住宅販売件数はやはり悪かったですね。 
前月比-4.3%の大幅減でした。 ただ、それ以上に在庫戸数がひどくて、56.8万戸と過去最高を記録しました。 これは約10年半振りの水準だそうです。 

住宅市場の冷え込みは予想以上にすすんでいるようですね。


7月耐久財受注はというと、こちらも予想を上回る減少でした。 
しかし個別に見てみると、「自動車・部品関連」や「民間航空機」が大幅な減少になってしまいましたが、企業の設備投資の動向を反映する「非防衛・非航空機関連資本財受注」は事前予想を大きく上回る前月比+1.5%でした。 このことからも、基本的な設備投資拡大の流れは保たれているというところでしょうか。 

総合的には両方とも悪い結果でしたが、設備投資拡大は維持されているということから景気失速懸念の緩和、また景気の支援材料として受け止められ、昨日はドル買いになりました。


下がったらドル円買いたかったのに…

  

コメント

ファドォ | 2006年08月25日

昨日の経済指標で動きがあったのってありますか?かなり静かな市場になってますよね…やっと121FXで口座開設したばかりなのに取引が出来ないので困ってますi-229

amearare1979 | 2006年08月28日

返事が遅くてどうもすみません。

24日の経済指標 
アメリカ → 事前予想を下回る悪い結果。
ドイツ   → 事前予想を上回る良い結果。

内容からだとドル売り、ユーロ買いになっておかしくなかったんですけどね。 ただ、米指標(特に住宅市場)はほぼ織り込まれていたというのと、ユーロが上値を攻めきれなかった反動がドル買いにつながったようです。

この「織り込み済」ということばが曲者ですよね・・・

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。