FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. スポンサー広告
  3. さっそく・・・

  1. HOME
  2. 為替市況
  3. さっそく・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっそく・・・

本日から開始なわけですが、自己紹介はまた今度にしてさっさと為替相場のことでも
書いていきたいと思います。
 注)雑食と書きましたが、私が使ってるシステムにない通貨(ランドやウォン)のことは全くわかりません…
   実際、取引に必要ないので。


【ポンド】
98年10月以来の高値を5営業日連続更新した9日には220.15円まで上値を拡大しましたが、
昨日は航空機テロ計画を受けて英国が警戒レベルを最上級「危機的」に引き上げたために
利確の売りで218円ちょうどまでさげる場面もありました。
ただ、今日の動きを見ていても、この要因が持続的にポンド売り材料になるとは考えづらく、
15日の消費者物価指数(7月)と16日のEOB議事録の内容次第ではさらに上値を狙っていく
展開となるでしょう。
ただ、議事録で今月の利上げが4対3の僅差で決定していたり、消費者物価指数が前回(2.5%)
を下回ってくるようだと金利先高観が緩和してしまい、3日の利上げ前の215.40円付近までの
大きな調整になる可能性もあると思います。

【NZドル】
今週は失業率(第2Q)など堅調な経済指標が続き、さらに米利上げ打ち止め発表もあり、大幅に
続伸しました。金利に着目した取引になりだしたこと、雇用・住宅市場などでNZ景気底入れの
兆しが見え始めたことが、NZドルへの資金還流ということになったようです。
アメリカの金融政策も不透明ですから、当分の間金利先高観・金利格差が注目される傾向が続く
でしょうし、NZ経済の底入れ観の浮上から来週も堅調に推移するんではないでしょうか。
特に14日の小売売上高(第2Q)や15日の生産者物価指数(第2Q)が景気底入れ観測を
後押しする結果だとNZD/USDなんかは5/3の高値0.6443を窺うような展開も考えられるでしょう。


というわけで、狙うのは・・・NZドル、それと豪ドルですかね。
オセアニア通貨はファンダメンタルに裏づけされての堅調な動きなので、
こちらでいきたいと思います。
ただ、対円はなかなか下がってこないので、対米ドルにするかな。

NZD/USD 0.6310で買い指 リミット 0.6420
AUD/USD 0.7655で買い指 リミット 0.7710

コツコツ狙います。

 

スポンサードリンク

関連記事一覧

コメント

コメントフォーム

コメントは承認制となっています。明らかな広告、宣伝目的だと思われるコメントは削除させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。







管理者にだけ表示を許可する

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。