FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. 2009年10月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドル 見通し(09/10/27)

豪ドル円は85円半ば付近まで上昇しましたが、 その後はじわじわと下げています。 この後はどんな動きになるんでしょうか。

それでは、今回も豪ドル円の見通しを。

豪ドル円の4時間足の平均足を見てみると

豪ドル円 4時間足チャート(2009/10/27)
(豪ドル円の4時間足の平均足です)

平均足は陰線が続いています。
ただ、上下にヒゲがでた実線部分の短い足が続いているので、
勢いのある下落というわけではありませんね。

一目均衡表を見てみると、
基準線<転換線
雲<平均足
平均足<遅行線
と、逆に上昇基調を継続しています。

遅行線が平均足を割り、平均足が雲に突っ込んでくると、
雲下限の82円半ばあたりまで下げが続きそうです。

1時間足チャートでは

豪ドル円 1時間足チャート(2009/10/27)
(豪ドル円の1時間足チャートです)

3本の移動平均線は、50SMA>100SMA>200SMA と、
一応並び方は強気基調。

今日の安値も200SMAで踏みとどまっていますし、
ここを割らずに反発するようだと、また上昇を続けそうかなと。

MACDはゼロライン以下でもつれるような状態で、
どっち向きかはよくわからず・・・。
RSIは、50を下回っているのに加えて、
下向きのトレンドラインを引ける状態になっています。

結論 今日の豪ドル円の見通しは

基本路線は「買い」でいきたいと思います。

エントリーはRSIのトレンドラインと50を超えてきたところで。
ストップは200SMA(今だと84.10円)を割ってきたら。
ターゲットは10/23高値85.30円。

ストップに引っ掛かった場合は、
そこからドテン売りで対応していきたいと思います。

スポンサーサイト

豪ドル 見通し(09/10/11)

豪ドル円の見通しは的外れなものでした。

1番の原因は、RBA政策金利の利上げです。
結局、豪ドル円は76~80円のボックス相場を上抜けてきました。

それでも今日も懲りずにいきたいと思います。
それでは、今週の豪ドル円の見通しを。

今週の主な豪経済指標・イベントは

【13日】
09:30 9月NAB企業景況感指数
【14日】
09:00 10月ウエストパック消費者信頼感指数

今週は豪経済指標で注目されているのは、特になし。

それよりは、13~14日の日銀金融政策決定会合だとか、
週後半にたくさん控えている米経済指標のほうが注目。
というか、豪ドル円に対する影響は大きいでしょうね。

日銀金融政策決定会合は、14日正午頃に政策金利が発表され、
16:30に白川日銀総裁の会見が予定されています。

豪ドル円のチャートを見てみると

豪ドル円 4時間足チャート(2009/10/11)    豪ドル円 1時間足チャート(2009/10/11)
(左が豪ドル円の4時間足の平均足で、右が1時間足です)

【4時間足】
平均足は陽線が続いています。
実体部分の長い足が連続しているので、
強い上昇基調となっていますね。

一目均衡表見てみると、
基準線<転換線
雲<平均足
平均足<遅行線
と、こちらも強い上昇基調です。

【1時間足】
3本の移動平均線が 50SMA > 100SMA > 200SMA と、
さらにすべて上向きで上昇トレンド継続と言えますね。

MACDやRSIは上のほうで張り付いていますし、
短期的には強い勢いがついていると考えられます。
気になるのは、RSIがダイバージェンスになりそうなこと。

豪ドル円 今週の作戦は「買い」

今週の豪ドル円は、「押し目買い」「追随買い」
基本、この2本立てでいきたいと思います。

「押し目買い」のエントリーポイントは、80.00~80.20円。
10/2から引けるトレンドライン、50SMA
8月下旬からのボックス相場のレンジ上限80.04円が
このエリアに集中しているので支持線になるかなと。

目標は8/10高値81.98円。
ストップは浅く入れるなら100SMAの79.47円、
もしくは200SMAの78.95円。

一方、「追随買い」は、8/10高値81.98円越えでエントリー。
こちらはいたってシンプルに高値越えでエントリーです。

目標は、ばくぜんと85円半ば。
2008年の7月~10月の下落幅の50%戻し付近で、
ずっともち合いの状態だったので……
次のラインは61.8%戻しの85円半ばかなと思います。

ただ、できる限り流れに乗っていきたいので、
利益確定・損切りは同じポイントで考えます。

10/7安値と10/9安値で引けるトレンドライン、
ここを割るまではポジションを持ち続けます。
順調に85円半ばまで到達した時に一部を決済して、
一部を保有し続けるのでもいいかと思います。

豪ドル 見通し(09/10/4)

豪ドル円は8月の下旬から76~80円のボックス相場になっています。

政策金利の発表、雇用関連の指標がある中で、豪ドル円はボックスのレンジを維持できるかがポイントでしょうか。

豪ドル 見通し(09/10/4)の続きを読む

スポンサードリンク

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。