FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. 2009年03月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドル 見通し(3/12)

こんばんは。
豪ドル円は200時間移動平均線を割ってから、
一気に日足のトレンドラインも割ってきてしまいました。
いったん62円まで回復してきましたがこの先は……

では、豪ドル円の見通しを。

豪ドル円1時間足(3/12)
(豪ドル円の1時間足チャートです)

日足の上昇トレンドライン(オレンジ色)を割ってきて、
そのまま6日の安値61.59円まで割ってきました。

日足のトレンドラインを割ってきてしまったので、
大きな流れが変わってくる可能性があるんじゃないかと思います。
3日安値61.02円割れで下降トレンド転換と考えたいです。

個人的には、今日の豪ドル円は様子見。
日曜日に書いたようにトレンドライン割れから61.02円の間は、
どっちに動くかわからないので。

レンジとふんで61円前半で買ってもいいのかもしれませんが、
RSIが売られすぎ水準ですがトレンドラインで抑えられているので、
そのまま下落が続きそうな気がします。

まぁ、レンジと考えて買うのであれば、61.02円で損切りですね。

スポンサーサイト

豪ドル 見通し(3/11)

ここのところの豪ドル円はよくわかりませんね。
まぁ、豪ドル円だけじゃないんですが……。
ポンド円だけは下方向に動いていますが、
他ののクロス円は同じ水準を行ったり来たりなので。

では、豪ドル円の見通しを。

豪ドル円4時間足(3/11)      豪ドル円1時間足(3/11)
(左が豪ドル円の4時間足の平均足で、右が1時間足です。)

【4時間足】
平均足は陰線になってきました。
一目均衡表を見ると、雲の上限付近を推移。
ここのところ雲上限で支えられている動きではありますが、
遅行線が平均足を下回っているので、
ここで止まらずに雲下限62円あたりまで下げる可能性ありです。

【1時間足】
200時間移動平均線より上で推移しています。
ただ、3本の移動平均線が交わりあうことが多く、
まだ方向感のない動きが続きそうです。

MACD、RSIともに下向きになっています。
MACDはトレンドラインを割ってきましたし、
RSIは50ラインではね返されましたし、
目先は下落が続く可能性が高そうです。

今日の豪ドル円の戦略は「押し目買い」か「追随売り」。
大きなトレンドは上昇だと思いますが、
短期での売りも狙えるんじゃないかなと。
逆張りなので、利確も損切りも素早くしないといけませんが。

まずは「押し目買い」。
エントリーは青いトレンドライン上62.90~63.00円。
もしくはMACD上向き、RSI50以上になってきたら買い。
ストップは200時間移動平均線62.70~80円。
ターゲットは今朝の高値64.05円か4日高値64.76円。

もうひとつは「追随売り」。
200時間移動平均線割ってきたら売りでエントリー。
その時はMACD、RSIともに下向きのままだと思うので、
オレンジ色のトレンドライン62.30~40円までは狙えそうかなと。
逆張りなので、ストップは20pipsほどとタイトにしておきます。

あんまり逆張りはしないほうがいいと思うのですが、
持ちっぱなしにしなければいいのかなと。

豪ドルの今週の見通し(3/8)

先週金曜日の豪ドル円は若干上げて終了。
個人的には、ピントがずれまくりの1日でした。

今週の豪ドルの注目材料は、
12日9:30の豪2月雇用統計
雇用者数-2.12万人(前回:0.12万人)、失業率5.0%(前回4.8%)と
先月よりも弱い数字が予想されています。
豪ドル円を買ってる場合は注意したほうがいい指標です。

では、今週の豪ドル円の見通しを。

豪ドル円1時間足(3/8)
(豪ドル円の1時間足チャートです)

米雇用統計の発表後、
青いトレンドラインと200時間移動平均線を上抜けるも、
200時間移動平均線を再度割ってからはそのまま横ばいに。

MACDはゼロラインを下回っていますが上向き、
RSIは50ラインを上回ってきていますので、
200時間移動平均線を上回ってきたら買ってもいいのかなと
オレンジの上昇トレンドラインは上回っていることもあるので。

それか6日高値63.42円を越えてくるまでは待ってみるか。
この場合はストップを200時間移動平均線において、
4日高値64.76円をターゲットに。

逆に200時間移動平均線を下回ってきた場合。
オレンジのトレンドラインと3日安値61.02円が支持線に。
ダブルトップを形成しているので、
61.02円割れで売っていってもいいのかなと思います

61.02円を割るまではどっちにいくのかわからないので、
様子見で取引はひかえるつもりで考えます。

豪ドル 見通し(3/6)

こんばんは。
今日はもちろん米雇用統計に注目なんですが、
最近の米経済指標時の米ドルの動きはわかりません。
リスク回避=米ドル買いに反応して、
指標が悪かろうが米ドル上昇となることが多いので。

そんな中、豪ドル円の見通しを。

豪ドル円1時間足(3/6)
(豪ドル円の1時間足チャートです)

オレンジ色のラインは2/2と2/18日安値をむすんだ
トレンドラインですけど、
夕方の急落時にタッチして、その後は反発に。

1時間足では200時間移動平均線を割ってきて、
さらに高値安値を切り下げる動きをしていますし、
今日は「戻り売り」がいいのかなと思います。

ついでにRSIが50ラインを越えられない状態になっていますし。

200時間移動平均線と青色のトレンドラインがある
62.70~80円からの売り参加がいいんじゃないかなと。

ストップは今日の高値63.18円、
オレンジ色のトレンドラインが利確の目安でしょうか。
オレンジ色のトレンドラインを割ってきたら、
もう1回売ってみてもおもしろいかもしれませんね。

基本的に雇用統計前は取引を避けたほうがいいです。
雇用統計が強い内容であきらかにクロス円上昇している時は、
取引せずに様子見をします。

豪ドル 見通し(3/4)

生まれて29年間、花粉症は他人事だったんですが、
とうとう私にも花粉症疑惑が……。
鼻はなんともないんですが、昨日から目がすごくかゆくて。
まぁ、単なる被害妄想なだけかもしれないんですけど。

どうでもいい話は置いといて、豪ドル円の見通しを。

豪ドル円1時間足(3/4)
(豪ドル円の1時間足チャートです)

今週前半はカチッと200時間移動平均線でとまらず、
個人的には往復びんたをくらってしまいました……。

現在はというと、日中の下落を完全に取り戻して、
昨日の高値を越えてきました。

MACDもゼロライン上で再び反転してきましたし、
RSIも50ラインを上回ってきましたので、
上昇トレンドは維持しているんじゃないかと思います。

豪ドル円はこの流れに乗って買いで参加したいんですが、
RSIが逆行現象になりかけていますし、
ここからは買いづらいですね。

できれば200時間移動平均線や
昨日今日の安値で引いたトレンドライン付近まで
下がってくるのを待ちたいところです。
今だと62円前半ですかね。

どうしてもここ最近の高値圏からの参加は避けて、
押し目をじっくり待ちたいと思います。

というのも、100円近辺まできたドル円の動きが気になります。
200日移動平均線100.28円や
昨年10月の90.91円までの急落後の戻り高値100.55円は
強い抵抗線になるんじゃないかと思うので。
ドル円が反転下落しだしたときに、
豪ドル円もつられて下落する可能性がありますからね。

豪ドル 見通し(3/1)

豪ドル円は先週日足の一目均衡表の雲を上抜けてきましたが、
その後上値を伸ばすのかと思いきや軟調に。
今週はどうなるんでしょうか。

今週は豪経済指標等注目イベントが複数あります。
まずは3日のRBA政策金利
声明で利下げ打ち止めを示唆するかどうかに注目。
そして4日の第4四半期GDP
この期間(10~12月)の景気関連指標がそれほど弱くなかったので、
逆にGDPが弱い内容だと豪ドル売り材料になるかもしれません。

豪ドル円4時間足(3/1)      豪ドル円1時間足(3/1)
(左が豪ドル円の4時間足の平均足で、右が1時間足です。)

【4時間足】
平均足は上下ヒゲの長い陽線です。
一目均衡表は、あいかわらず上昇基調を示してはいますが、
遅行線と平均足が重なる61円後半から60円半ばまでの下落は、
頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

【1時間足】
50時間移動平均線が横ばいから下向きになりつつあります。
さらに、サポートとして機能していた100時間移動平均線を
あっさり割ってきてしまいました。

MACDはゼロラインを下回って下向きに、
RSIも50をいったん回復しましたが再度50ラインを割りました。

オシレーター系指標がともに下向いていますし、
目先は200時間移動平均線&2/27安値61.41円をめどに、
下値を探る展開になるんじゃないかと思います。

一応200時間移動平均線を越えている間は、
大きな流れは上昇トレンドと考えますので、
戦略としては押し目買いでいきたいと思います。

現時点でのプランは、61円半ばからの買い。
ストップは200時間移動平均線割れ。
200時間移動平均線が61.41円を上回ってきた場合は、
61.41円をストップにします。
ターゲットは安値付けた後の高値63.15円。

もうひとつは2/27安値61.41円割れからの売り。
ターゲットは4時間足の雲がある60円半ばから2/24安値60.23円。
ストップは20~30pipsほどに。
ブレイク後にポンと戻ることも結構あるので、
間違えたときにはすばやい撤退を心がけたいと思います。

スポンサードリンク

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。