FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. 2009年01月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪ドル円の見通し(1/30)

更新ができずにすみませんでした。
じつは……会社が買収されてオーナーが変わり、バタバタしてました。
役員総とっかえで、社員も整理されそうです。

では、現実逃避して豪ドル円の見通しを。

28日の第4四半期消費者物価指数が-0.3%と急低下し、
追加利下げのよゆうができてしまいました。

来週2月3日の豪準備銀政策金利は1.00%利下げ予想、
少なくても0.50%利下げは織り込み済みのようですが、
さらに追加利下げしていく内容の声明になる可能性がありそうですね。

豪ドル円4時間足(1/30)      豪ドル円1時間足(1/30)

【4時間足】
平均足はずっと陰線が続いています。
上ヒゲがでてこない一方的な下落基調です。

一目均衡表でも、雲を割ってから遅行線も平均足を割ってきてしまい、
しっかりとした下落トレンドになっています。

【1時間足】
200時間移動平均線をふたたび割ってからはほとんど反発なしに下落。
RSIで逆行現象が確認できますが、4時間足とあわせて考えると、
反発狙いで買うのは危険。

ベストは200時間移動平均線(58.67円)付近までの反発を待っての戻り売り。
ただ、そこまで今晩にもどすのは難しいのかなという気がします。

積極的にいくのであれば、日中の高値57.99円から売ってもいいのかなと。
ただ、200時間移動平均線を越えたらすぐに損切りを。

このまま下げ続けて、先週の安値圏56円半ばまで下げたとしても、
来週政策金利の発表があるので、買うのは控えたほうがいいと思います。

スポンサーサイト

豪ドルの来週の見通し(1/24)

こんばんは。
東京はちょっと雪がぱらつきました。
寒いと身体に力が入るのか肩こりがひどくなっている気がします……

そんなことより、豪ドル円の来週の見通しを。
短い期間のチャートを見ていると、底を打って反転しだしているように見えますが、
日足で見ると安値圏での推移が続いています。
日足では下ヒゲの長いロウソク足が続いているので、
58円以下は下げすぎと見られているのかなとも受け取れそうですが。

豪ドル円4時間足(1/24)

今日は来週のおおまかな流れを見るために4時間足チャートを。
移動平均線とRSIはいつもの1時間足に表示させているものと同じですが、
MACDだけ数値を(21,55,8)にしています。

200本移動平均線を下回っているので、大きなトレンドは下向き。
MACDはゼロラインを下回っていますが、横ばいに。
2本のラインが交差をくり返しているので一方向の下落はなさそうですが、
かといって反転して上昇するという判断はできませんね。

RSIは若干トレンドラインを抜けてきましたが、50ラインはまだ抜けず。
チャートはトレンドライン付近まで上昇してきましたが、
RSIの状態から考えると、ここを抜けられずに下落する可能性はありです。

ここから強い抵抗線として働きそうなエリアは59.34~59.51円。
50本移動平均線と1時間足の200時間移動平均線がある59.34円と、
21日につけた高値である59.51円。

21日に高値をつける前につけた安値56.25円を23日には下回らなかったので、
21日の高値を越えてくれば短期的な上昇は続くんじゃないかと思います。
そうなると、200本移動平均線の61円半ばや19日高値62.18円をめざす。
そんな展開になってきそうですね。

来週は、59.51円を越えてくるまでは売りポジションでの参戦で考えます。
日足の長い下ヒゲが続きだしたのが気になるので、
下値追いでの売りではなくて戻り売りが基本になると思います。

逆に一瞬でも59.51円を越えてくるようだと、いったんリセットして作戦練り直し。

来週の豪経済指標では、28日9:30の第4四半期消費者物価指数に注意。
オーストラリアも他の国とおなじで景気減速の長期化懸念のために、
追加利下げに対するニーズがあります。
消費者物価指数の伸びが急低下するようだと、
インフレ圧力が弱まっていると思われて追加利下げ観測強まり、
豪ドル売りという動きになりそうです。

豪ドル円の見通し(1/21)

こんばんは。
豪ドル円は少し上がってきましたね。
さっきまでの数時間はほとんど動きがなかったので、
取引システムがとまっているのかと一瞬心配になってしまいました。

さっそく豪ドル円の見通しを。

豪ドル円4時間足(1/21)      豪ドル円1時間足(1/21)
(左が豪ドル円の4時間足で、右が豪ドル円の1時間足です。)

【4時間足】
ちょっと今回は平均足ではなく、ロウソク足の表示になっています。
一目均衡表を見ると、
転換線 < 基準線
ロウソク足 < 雲
遅行線は今週に入ってから、ロウソク足に沿って動いています。

このまま遅行線がロウソク足に沿う動きを続けるのなら、
ここから上昇という展開が考えられます。
でも、転換線と基準線、ロウソク足と雲の位置関係から判断するかぎり、
まだトレンド転換とは言えない状態ですね。

【1時間足】
移動平均線の位置、そして200時間移動平均線の傾きから考えると、
大きな流れは下向きなのかなと。
高値もどんどん切り下げ続けていますし。

でも逆に、安値の更新はせずにこの時間帯上昇してきていますし、
MACDとRSIは上向きになってきているので、
ここから上がってくるのかなという気もします。

4時間足でもトレンド転換という状態にはなっていませんし、
今の水準から買っていくのはちょっと避けたいところ。
他に追加で買える材料があればなというかんじですね。

今朝の高値59.22円を越えてきて、高値の切り下げが終われば、
100時間移動平均線、200時間移動平均線の60~60.40円まで、
1円ぐらいの上昇は期待できるのかなと思います。
RSIが50を越えてくるようだとかってもいいんじゃないですかね。

もしくは、ここから下げても1時間足の直近の短期のトレンドライン上
58.20~30円で止まるようだと、買ってみたい。
この場合はチャートもしくはRSIのトレンドライン割るようだと、
すぐにポジション解消したほうがいいとは思いますけど。

豪ドル円の見通し(1/20)

今日はドル円は堅調ですが、クロス円は全般に軟調。
特にポンド円は大きく下げていますね。
また安値を更新していますし、ちょっと止まる雰囲気がしません……

今日の注目材料は、なんといってもオバマさんの大統領就任式。
日本時間の21日午前2時に行われます。
天邪鬼なわたしとしては、期待が大きいのが逆に不安。
為替の世界によくある材料でつくしみたいなことにならなければいいんですがね。

では、豪ドル円の見通しを。
豪ドルにかぎらず、基本的に今日は手控えたほうがいいとは思いますが。

豪ドル円1時間足(1/20)

ダブルボトムを形成してきたし、RSIも上向きになっていますが、
抵抗線になりそうな移動平均線が60~61円に集中しています。

MACDも上向きになってきているし、ここからの反発はあるとは思いますが、
抵抗線までの距離を考えると、買いで参戦はしづらいですね。

それよりも200時間移動平均線は強い抵抗線になりそうなので、
ここらへんまで反発してくるようであれば売ってみたいですかね。

ただ、米国市場が休み明けということと
オバマ新大統領就任式に対する反応が予想しづらいことを考えると、
今日はトレードしないほうが無難でしょうかね。

移動平均線の使い方を再確認

移動平均線の使い方についてコメントをいただきまして、自分でも再確認のつもりで記事にします。

移動平均線の使い道は大きくわけて3つだと思います。

  1. サポート(支持線)とレジスタンス(抵抗線)
  2. トレンドを確認する
  3. エントリー、決済のサイン

わたしが使っているのは1と2の使い方ですかね。

移動平均線の使い方を再確認の続きを読む

豪ドル円の見通し(1/16)

ブログの更新をサボってしまってすみませんでした。
ここ3日間、転職活動にはげんでいました。
わたしの履歴書はツッコミどころ盛りだくさんのようで、面接が大変です……。

では、豪ドル円の見通しを。
昨日の夜からだいぶ上昇してきていますが、ここからどうでしょうかね。

豪ドル円4時間足(1/16)      豪ドル円1時間足(1/16)
(左が豪ドル円の4時間足の平均足で、右が1時間足チャートです。)

【4時間足】
平均足は陽線続き。下ヒゲはでておらず、勢いにかげりはなさそうです。
一目均衡表は、転換線と基準線を越えてきて、
次は遅行線が平均足を上抜けてこられるかというところですね。
こちらはまだ上昇トレンド転換といえる状態にはなっていません。

【1時間足】
50時間、100時間移動平均線を越えてきて、しっかりとした上昇が続いています。
14日の高値61.14円を越えてきましたし、
いったん200時間移動平均線までは上げるのかなと思います。

でも、その前にまず下がりそうです。
RSIが70ラインで押し戻されていますからね。
ダイバージェンス(逆行現象)が出ているわけではないですが。

個人的には、今日は「押し目買い」。
今回は何円からではなく、RSIの状態でエントリーを考える方法を。

2つポイントがあって、
1つは、RSIに引くことができるトレンドラインを割らずに反発したとき。
もう1つは、RSIが50ライン上で反発したとき。

両方ともストップは100時間移動平均線、
リミットは200時間移動平均線に入れておきます。

200時間移動平均線のある62円半ばは、
4時間足の遅行線が平均足と重なるエリアでもあるので、
ここまで到達したら欲張らずに利確したほうがいいでしょうね。

豪ドル円の見通し(1/13)

豪ドル円は読み違えてしまいました。
もう少し60円まではダラダラと動くんじゃないかと思ってたし、
60円はそう簡単に割るとは思っていませんでした……。

戻り売りを狙うのなら、これだけ反発なく下げているので、
せめて1時間足の50時間移動平均線付近までは待ちたいところ。
反発も大きくなる可能性があるので。

下のチャートは豪ドル円の日足ですが、

豪ドル円日足(1/13)

10月24日安値からのトレンドラインはまだ割ってきていません。
今だと59.00~10円に位置していますが、
このトレンドラインを割ってきたら次のサポートは直近安値(12/12)57.64円。

トレンドラインを割ってきたところ、
59円割れで20~30pips上にストップを入れて売ってみてもいいのかなと。

逆に日足のトレンドラインを割らずに反発するようだと、
再度67円あたりまでの大きな上昇に発展する可能性があるので、
むしろ戻り売りのほうが慎重にポジションをとったほうがいいかもしれませんね。

==============================

tamaさんへ

コメント欄の補足です。
参考になるかわかりませんが、「開けた窓」についてわたしが思うことを。

質問をいただいて調べてみたら、ネット上でも色々な意見がありますが、
「窓は埋まる」という根拠はないようです……。

一般的に「開けた窓は埋める」ことが多いと言われるのは、
窓埋めの方向に動き出したときに視覚的にも1番意識されやすいポイントが
窓開け前の終値だからということなんじゃないかと思います。

年明けのように「窓埋め」が必ずトレンドと同じ方向だったらいいのですが、
今週のように「窓埋め」方向でのトレードが逆張りになってしまうこともあるので、
「窓開け」「窓埋め」は値動きのノイズとして避けたほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。