FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. 2008年03月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円見通し(日足チャート)

午前中は年度末のドル需要ということで円安になっていましたが、
基本的なリスク回避の流れは変わらず……

久しぶりにユーロ円の日足で見た個人的な見通しを。

ユーロ円日足(3/31)

高値も安値も切り下げる状態が続いてます。
下落トレンドラインと90日MAが位置する158.50円あたりが
強めの抵抗線になってくるんじゃないかなと思います。

ポジションを持つなら「売り」で。
できるだけ158.50円付近まで引きつけてから売りたいですが、
2/27→3/20の61.8%戻しの157.60円をこえたあたりから
売っていってもいいかもしれません。

ストップは158.50円の少し上辺りから3月上旬の高値159.20円。
このあたりを設定すればいいのかなと。
目標はとりあえず安値151.70円の更新を狙って、
ストップをずらしながらできるかぎり追いかけるかんじで。

158.50円~159.20円を越えてきたらドテンして買うかというと……
その上もキリのよい160円や200日MA160.36円、2/27高値161.30円と、
強めの抵抗線がいくつもあることを考えるとちょっと買えないですね。

スポンサーサイト

ポンド円見通し(日足チャート)・・・

ポンド円の日足で見た見通しでも。

先々週に比べると先週は多少落ち着いた動きだったと言えるんでしょうか。

ポンド円日足(3/28)

去年11/1の高値から引ける下落チャネルが継続しています。
この約半年の下落トレンドで判断すると……
1回の下落幅が約20円で、反発はだいたい38.2%程度

前回の下落チャネル上限をつけたのが2/27高値213.49円。
それからの安値が3/17の192.53円で約20円の下落でした。

この下落の38.2%戻しが200円半ばであることを考えると、
当分の間は先週の高値あたりが上限で動くのではないかと思います。

もしこの下落チャネルがこれからも継続するのであれば、
下落チャネル上限が200円半ばあたりに位置するようになるまでは、
194円~201円のレンジでの動きになるかもしれません。

豪ドル円の見通し・・・

この1週間は豪ドル円の記事を何回か書いたので、
来週の見通しというか注意する材料を見ておきたいと思います。

1番の注目は4月1日12:30に控えている政策金利の発表ですかね。
7.25%の据え置きはほぼ確実と見られていますので、注目は声明内容です。
2008年インフレ率がRBAの目標上限を超えるという予測の中、
金利引き締めのスタンスを続けるかどうかというところだと思います。

他の注目は、金曜日の米3月雇用統計。
他のクロス円も同様なんですが、もし3ヶ月連続の前月比マイナスだと、
NYダウ急落→リスク回避の円買いという流れから急落する恐れがあります。

豪ドル円については、88.10円ラインを割らないかぎりは
下落しても限定的なのかな?という気もするんですけどね。

持ち越し危険・・・

今日のクロス円は結構動いていますが、
同じ水準を上下しているので値幅はそれほどでもないですね。
20~30銭程度で何度も利益をとっている方も多いかもしれません。
私はできませんでしたが……

これから夜にかけて取引をするにしても、
来週には持ち越さないようにしたほうがいいと思います。

来週は日銀短観もありますし、バーナンキ議長の議会証言もですし、
特に米雇用統計がありますから。
何度も書いてますが、ドル円が100円をキープできていない現状では、
クロス円はまた急落する可能性は残っているんじゃないかなと思うので。


ドル円が100円を越えてきて・・・

おはようございます。
とうとうドル円100円をキープしてきましたね。

JPモルガン・チェースがベア・スターンズの買収価格を
約2ドルから約10ドルへの引き上げを発表したこと、
昨日23時発表の2月中古住宅販売件数が0.8%減の市場予測に反して
前月比2.9%増と増加したことが材料としてあったようです。

クロス円全体も上昇。
まだ完全に安心というわけではないですが、
ここのところの下落幅を考えると上値を追っていきたいところ。
その場合は、ストップをタイトにしていたほうがいいと思います。
トレイル注文があるシステムを使用しているのであれば、
トレイル注文を使って上昇に合わせてストップをずらしていくと。

もし昨日90円あたりで豪ドル円を買っているなら、
まずストップを90.90円にずらしてから、トレイル注文を使ってみてはどうでしょう。
一応ここ1ヶ月の下落トレンドライン上に位置しているので、
跳ね返された場合を考えて最悪でも利益が確保できるように
考えておいたほうがいいのかなと思います。

一抹の不安が残りますが・・・

ドル円はまたしても100円台をキープとはいきませんでしたね。
こう何度も失敗しているのをを見ていると一抹の不安がよぎりますが、 
先週土曜日にも書いたように豪ドル円は買いたいところですね。
90円付近まで押してから。
 
ストップをどこにするかについては、目標をどこに置くかによって
決めたほうがいいかなと思います。
90.90円を目標とするなら、ストップは89.40円。
さらに上の93円あたりを目標にするなら、ストップは88円。
 
どちらにしろある程度短期取引と考えたほうがいいかなと思います。
 
今週は特に注目の豪経済指標はありませんが、
来週4月1日に政策金利の発表がありますから。
来週には持ち越さないようにしたいですね。
 

休むも相場・・・

それにしても動きの乏しい相場ですね。
ドル円もじりじりと上昇はしていますが、以前100円はタッチするだけ。
 
ここまで上値が重いと、100.50円突破で買いたい気分です。
ただ、今の状態だとそこまで上がるのが難しそう……
ここはジッと我慢をして見定めるところなんでしょうね。
まさに「休むも相場」という言葉どおりなんじゃないでしょうか。
 
ポンド円も先週の乱高下から196.70円~198.00円あたりのレンジでの推移と
変わってきてますので、ここで「落ち着いたから買いだ」ではなく、
どちらに抜けるかを見定めて流れに乗っていく方法をとるほうが
いいんじゃないかなと思います。
 
スポンサードリンク

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。