FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. FX初心者向け記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXで勝つためには損切りをすれば良いわけではない

「損切りをきちんとしているはずなのに、勝てるようにならない……」

初心者の方で、このようなことで悩んでいる人は少なくないかもしれませんね。書籍や初心者向けのサイトで言われているように、素早い損切りを心がけているのに勝てないのは、損切りの仕方に問題があります。

年末年始はトレードに適していない相場なので、一旦お休みして取引手法を作りなおすと良いと思います。

FXで勝つためには損切りをすれば良いわけではないの続きを読む

スポンサーサイト

スワップポイント狙いのリスク

アベノミクス効果で円安。米ドル円は直近では下げているものの、一時100円手前まで上昇、現在は97円台での推移となっています。

円安傾向が続くとスワップポイント狙いを推奨する意見をよく目にするようになります。円安が続くと見るのであれば結果的にスワップ狙いにはなりますが。ただ、中長期で為替差益を狙うのではなく、スワップポイントによる収益に重きを置くのであれば、スワップポイント狙いのリスクはきちんと把握しておかないといけませんね。

スワップポイント狙いのリスクの続きを読む

FXではトレードする時間帯で考え方を変える

欧州市場や米市場といった為替相場の動きが活発な時間帯にトレードすることを勧める人が多いです。

確かに、私もそうだと思います。でも、それが絶対かというと、そうでもないかなと。

ライフワークスタイルは人それぞれなので、現実的にトレードできる時間も人それぞれです。東京市場でしかトレードできない人もいるでしょう。そういう人は、その時間帯にあわせたトレードをすれば良いのかなと思います。

FXではトレードする時間帯で考え方を変えるの続きを読む

バランスの良い投資と貯蓄の割合を考えてみる

投資と貯蓄。資産を運用する場合に、バランスの良い割合ってあるのでしょうか?

FXにかぎらず、投資未経験者は「投資にどれだけまわして良いのだろうか」と考えたことがあるんじゃないかなと。

「自分でとれるリスクだけ」と言ってしまえば元も子もありません。実際そうだと思います。ただ、何かしら目安はないかと考えてみました。

バランスの良い投資と貯蓄の割合を考えてみるの続きを読む

FX初心者向けの通貨ペアは何でしょうか

米ドル円や豪ドル円が初心者向けだと言われます。実際のところどうなんでしょうね。

FXをやったことのない人、初心者の方に向いている通貨ペアは何だろうかと考えてみました。初心者向けのFX書籍で、米ドル円や豪ドル円がおすすめだと言われている理由を考えると良いのかなと。

FX初心者向けの通貨ペアは何でしょうかの続きを読む

確定損益(実現損益)と評価損益の取り扱いに注意

確定損益(実現損益)と評価損益。FXをしている人には、特に目新しい言葉ではありません。というより、知らないとまずいですね。

ポジションを決済して確定した損益を確定損益や実現損益と言います。逆に、未決済ポジションを現在の為替レートで算出した損益を評価損益と言います。含み益や含み損と個別に呼ぶことも。

それぞれの損益について、捉え方を間違えると大けがのもとなので注意しましょう。

確定損益(実現損益)と評価損益の取り扱いに注意の続きを読む

株式投資経験者はFXの指値注文方法を再確認したほうがいいかもしれない

世の中には、業界・ジャンルによって同じ用語なのに内容は違うものがあります。

投資の世界では、注文方法がそれに当たるのかなと。ですから、投資の経験はあるけど、FXは初めてという人は、念のため再確認しておきましょう。

株式投資経験者はFXの指値注文方法を再確認したほうがいいかもしれないの続きを読む

そもそも外国為替証拠金取引の仕組みとは

普段は特に何の問題もなくトレードしているけど、ふとした瞬間に「あれ?ドル円ショートって円を買うから……。どうなれば利益?」みたいな。混乱したことありませんか?

FXをやっている人でも、外国為替証拠金取引の仕組みを理解していない人って少なくはないのかなと。

インターバンク云々みたいにかっちり理解する必要はないと思います。ただ、混乱する場面がないようにするため、ざっくりと知っておくのはいいんじゃないかと。

そもそも外国為替証拠金取引の仕組みとはの続きを読む

自動売買のデモトレードで確認したいポイント

自動売買のデモトレードを試す場合、何を意識すればいいのか。通常のFX取引のデモトレードとはちょっと違うのかなと思います。

売買ストラテジーを自作する場合ではなく、FX業者が提供している自動売買システムの話です。自作の場合は、バックテストでインディケーターの数値を過度に最適化してしまっている可能性があるので、デモ口座でフォワードテストをおこなうのはいいんじゃないでしょうか。

自動売買のデモトレードで確認したいポイントの続きを読む

FXをはじめる前に無料のデモトレードは利用するべし

レバレッジ規制で以前に比べると元資金が必要になったとはいえ、FXは少額で取引できる資産運用です。

少額で取引できるので、いきなり本番取引からスタートする人もたくさんいそうですが、必ず準備期間をおいたほうが良いと思います。FXでの準備期間というとデモトレードですね。

FXをはじめる前に無料のデモトレードは利用するべしの続きを読む

FXで損切りしない戦略はありなのか?

FXにかぎらず投資では損をしたくありませんよね?含み損でも気になるのに、損切りをするのは心苦しい……。

もちろん、投資においては全戦全勝は難しいので、損切りをきちんとすることは重要だと思います。判断を早くして損失を最小限に抑えないといけませんが、これがまた難しいですね。

では、そもそも損切りをしないという戦略はアリなんでしょうか?

FXで損切りしない戦略はありなのか?の続きを読む

システムトレードは積極運用と安定運用、どちらが良いのか

システムトレードをおこなっている人は増えているのかなと思います。広告を見ているとFX各社が力を入れているのがうかがえるので。

実際にシステムトレードで運用している人は、積極運用の人が多いんでしょうか?それとも安定運用の人が多いんでしょうか?

というか、そもそもどっちのほうが良いのか?というところを個人的に思うことを書きたいなと。

システムトレードは積極運用と安定運用、どちらが良いのかの続きを読む

バイナリーオプションを丁半博打にしないために

バイナリーオプションは丁半博打だと考えている人も少なくないようです。

相場が上がるか下がるかの2択というシンプルな取引。予想が外れれば購入金額がゼロ、予想が当たれば配当をもらえる仕組みを考えると、そうなのかなという気がしなくもありません。

でも、ものは使いようというか、運用の仕方によってバイナリーオプションは丁半博打にもなるし、真っ当な投資にもなると思います。

バイナリーオプションを丁半博打にしないためにの続きを読む

FXで売りと買いを同時におこなう意味があるのか

売りと買いを同時に行う。つまり、両建て取引

両建てをメインとしたトレード手法を紹介しているブログを目にすることがありますが、個人的には両建てはおすすめしません。

両建て“機能”を利用する場面はあると思います。でも、トレード手法として両建てを使うことはないなと。

FXで売りと買いを同時におこなう意味があるのかの続きを読む

FX書籍を読む際に注意したいこと

たまに本屋に行くのですが、FX書籍はたくさんありますね。

FX関連の書籍が数多く出版されているのかどうかはわかりません。でも、投資・資産運用コーナーで1番スペースをとっている気がします。

パンローリングのちょっと高めなものから、お手頃価格の初心者向け入門書まで。種類は様々。基本、本を読むのが好きなので、FX書籍も読んでいるほうかなと。

そこで、FX書籍を読む際に注意したほうがいいと、私なりに感じたことを挙げてみます。

FX書籍を読む際に注意したいことの続きを読む

FXでナンピンはしてはいけないことなのか

FXでナンピンはしてはいけない。

よく言われていることです。でも、一概にしてはいけないとは言えません。

というか、同じ行動でも、考え方やそれまでの過程でナンピンだとも、そうでないとも言えるので、そのあたりを一度定義付けしてから考えると良いんじゃないかと思います。

FXでナンピンはしてはいけないことなのかの続きを読む

外貨預金よりFXのほうがいい3つの理由

まわりに外貨預金やFXをはじめようかなと言っている人はいませんか?

2月から円安継続。ドル円は一時84円台を回復してきましたし、円高は底を打った感じになっています。

そうなると、外貨投資してみようかなという人が増えるんじゃないかと思います。投資未経験の人は、おそらく外貨預金を検討するのでしょうけど、外貨投資をするのであればFXのほうがいいです。

外貨預金よりFXのほうがいい3つの理由の続きを読む

店頭FXの税制改正で取引の選択肢が増えるかも

2012年から店頭FXの税制が変わりますね。取引所取引と異なっていた税制が一本化され、申告分離課税になります。

今までは給与所得などと合算しての総合課税で、税率は最大で50%(所得金額が1800万円超の場合)。改正後は税率が一律20%に。税率20%というと現行では所得金額が195万円超~330万円以下ですから、所得金額が330万円を超える人は税制改正が有利に働きますね。

店頭FXの税制改正で取引の選択肢が増えるかもの続きを読む

普段チェックしているマーケット情報

このブログを始めた頃に、私がチェックしているマーケット情報のページを紹介したことがあります。

それから約5年、だいぶ時間も経っていてFX業者のサイトがリニューアルしていて情報コンテンツがなくなったり、ページ移転していたりするので、もう一度紹介したいと思います。

普段チェックしているマーケット情報の続きを読む

初心に帰って為替のリスクを再確認する

FXには様々なリスクが存在します。その中には、あらかじめ軽減できるものもあれば、そうではないものもあります。いずれにしろ、まずはリスクをきちんと理解することが大切です。

FXのリスクは、大きく3つに分類できると考えます。「為替のリスク」「証拠金取引のリスク」そして「FX取引特有のリスク」です。今回はその中の「為替のリスク」について考えていきます。

初心に帰って為替のリスクを再確認するの続きを読む

為替情報を収集する体制を整える

最近の為替相場の動きを見ていて、何が相場急変の要因になるのかわからないのもFXのリスクになるのかなと。

6日のNYダウ急落→リスク回避→クロス円急落、この動きなんかは典型的ですよね。

安値割れから一気に下げているのを見て、「よし!まだ下げる」と思って追随して売ってしまうと……。

為替情報を収集する体制を整えるの続きを読む

資金配分の重要性・・・

ちょっと今回はメモ帳代わりにトレードについて書こうかと思います。内容は「資金配分」について。

スワップ金利をメインに外貨預金の延長で取引をされている方は、「レバレッジ」を重視するかと思います。基本的に損切りせずに長期的にスワップ金利で利益を狙うので、為替変動に耐えられるレバレッジで運用をするので当然そうなるだろうと。

今回はスワップ金利ではなく為替差益をメインに取引をする場合を。この場合は、「レバレッジ」も大事なのかもしれませんが、「1回の取引の許容される損失」を考えるほうが大事なのかなと、個人的には考えます。

資金配分の重要性・・・の続きを読む

スワップ金利狙い

今日久しぶりに本屋に行ったんですが、FX関連の書籍はかなりたくさんありますね。しかも行った本屋では株式関連より目立つ形で置かれてました。

いろいろ見て思ったんですが、FXの紹介記事ってまずスワップ金利の有効性を説明したものが多いんですよね。これはマネー誌もそうだし、FX入門本もそうですが。実際、私もできるだけスワップ金利がもらえる方向でポジション持ちますし、FX取引の大きな特徴だとは思うんですが……。

スワップ金利狙いの続きを読む

スポンサードリンク

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。