FX初心者にもやさしい為替ブログ
フィードを登録 ツイッターをフォロー
  1. HOME
  2. その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログも移転しようかと

新しいFXブログはあるのですが、
このブログそのものも移転しようと思います。

理由は…まぁニュースを見て、
ブログがなくなる可能性がありそうだなと。

実際どうだかわかりません。続くかもです。
でも、7年前に開設した愛着があるブログなので、
万が一のことを考えて避難することに決めました。

スポンサーサイト

2013年から株の信用取引が規制緩和されるそうですが

2013年1月から株の信用取引が規制緩和されますね。

私は株式投資をおこなっていないんで、関係ない話。良くも悪くも影響がないので。

本来ならスルーですが、どちらかと言うと規制強化路線のFXと対照的な話題だったので、取り上げます。

2013年から株の信用取引が規制緩和されるそうですがの続きを読む

とりあえず2010年を振り返ってみる

2010年も後1週間で終わりますね。
今年のFX取引の成績はどうでしたか?
私はブログの更新はあまりしていませんでしたが、
FX取引は昨年よりもすることができました。

結果は……。
あまりよろしくありませんでした。(- - ;
ポンド円との戦いに連戦連敗で、全体的にも負け越しです。

とりあえず2010年を振り返ってみるの続きを読む

ブログデザインを変更しました

ブログのデザインを変更しました。

いったんブログの更新を中断してしまってから、
なかなか前のようなペースで更新することができておらず……
気分転換の意味でもちょっとデザインを手作りしてみました。
気分一新してこれからはブログ更新頑張っていきたいと思います。

もし、おかしな表示になっていたら教えてください<(_ _)>

久々に帰ってまいりました。FX復帰はまだですが・・・

ご無沙汰してます。

なんとかサラリーマンに戻れました。

実は、1ヶ月ほど前に決まったんですが……
家のPCがインターネットできない状態になってしまい、
ブログの更新ができませんでした。

それに、結構仕事が忙しいのと、
ちょっと法事でバタバタしてたこともあって……

本当に心配してくださったみなさん、
報告が遅れてすみませんでした。
そして、ありがとうございました。

FXのほうなんですが、
まったく相場を見る余裕がなかったので、
もちろん取引はできず。

チャートは今日、2ヶ月ぶりぐらいに見ました。
豪ドル円ドル円を。

日足で見てると、豪ドル円は80円に乗せてきたら、
85円までは上げそうなかんじですね。

ドル円は……
ここから100円まではもう1度いくんじゃないかなと。
96円後半~97円あたりで買ってみてもよさそうな感じです。

パッとチャートを見るかぎり、個人的な見通しはこんなところです。

とはいえ、FXからかなり遠ざかっていたので、
自分の見通しがあんまし信用ならないです。
自分でもそう思ってしまうので、信用しないでくださいね。

ちょっとずつニュースを仕入れながら、
ちょっとずつチャートを見ながら、
ちょっとずつブログに見通しを書きながら、
FX、為替相場にも復帰したいと思います。

これからもよろしくお願いします。m(_ _)m

相互リンクしていただいているブログ、サイト様

相互リンクしていただいている投資関連ブログ、サイト様です。

明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年の為替相場はどうなっていくのか?
とりあえずはアメリカ経済次第なんでしょうかね。

1日にバンクオブアメリカがメリルリンチの買収完了というニュースがありましたが、
向こう3年間で3万人から3万5千人のリストラ計画ですし、
GMやクライスラーも大幅リストラを含む経営再建策を立てばければいけませんし、
会社がつぶれなければ経済が上向くという話ではありませんからね……

今年前半はビッグ3問題がスッキリするまでは不安定な相場になりそう。
オバマ次期大統領は期待が大きい分、うまくいかなかったときの失望も
かなり大きいものになるんじゃないでしょうか。

個人的には、去年は結局夏頃の損失を取り戻せずに終わったので、
今年はがんばりたいと思います。

それと、実生活では就活を頑張らないと……

反省というか、グチです・・・

最近ちょっとずつポンド円のトレードも再開しているんですが、
上手くいきません……
なんか一歩遅れてるんじゃなくて、一歩進んでるんじゃないかと、
そんな風に錯覚してしまうぐらい損切り後にプラス方向に。

どうも1時間足でエントリーの目安を設定するにしろ、
エントリーの決定は5分足とか15分足で決めたほうがよさそうですね。

ただ、そう考えてデモトレードで色々と試してはいるものの、
なかなか上手くいかず……

エントリーはトレンドの中の押したところ、戻したところっていう
1時間足なんかと同じ考え方でいいんですけど、
決済のタイミングやポイントをどうしたらいいか行き詰っています。

まだまだ不安定な相場が続いていますし、
年末の流動性の低い市場環境になってくるでしょうから、
あせらずルールを固めてから取引を再開しようと思います。

それと、ここのところ更新が少なくなってしまって、すみません。
ちょっと金融不安のあおりを受けてバタバタしてるので……

CFDについて

みなさんはCFDって知っていますか?
FXと同じ証拠金取引なんですが、取り扱う銘柄が為替を含めて
株・債券・商品先物・貴金属など多岐にわたる取引だそうです。

ロンドンでは結構メジャーな金融商品で、
信用取引がないことから生まれたらしいです。
日本では「CMC Markets」「ODL」「ひまわり証券」なんかが、
一部の銘柄ですでに始めています。

資金効率を考えたらひとつの口座でいろいろできるのは
いいんじゃないかなと思います。
「原油価格高騰がクロス円下げる材料になっているから、NY原油買っておこう」
「リスク回避の流れでまたクロス円下がりそうだから、NYダウ売っておこう」
ということができるようになるということですから。

でも、個人的にはすぐにはやらないだろうなと思います。
「わからないことには手を出さない」をモットーに、
南アランドやトルコリラもまだ手を出したことがないので……
やっぱりどんなものかわかってからやるかなと。

それと法がきちんと整備されてからというのもありますし。
FXと同じでちょっとそれまでは怖い気がします。
海外先物だとかロコロンドンのトラブルが多いですからね。

資産の一元管理

yahooの「MoneyLook」という口座管理をするソフト。
私は証券会社にもネットバンクにも口座を持っていないので、
すごい便利だというわけではないんですが……
逆を言えば、FX以外にもネットで口座を持っている方には
便利なのかなと思ったので紹介を。

様々な金融商品でポートフォリオを組んで資産運用をする場合、
資金配分をするためにすべてを一画面で見ることができるのはいいんじゃないかと。
全体でこれだけ増えたからもう少しFXにまわそうとか、
安定運用をしたいから少しFXや証券口座から銀行口座に移そうとか。
そういったことができるソフトだそうです。

複数のFX口座を持っている方でも以下の業者は提携しているようなので、
口座の管理もしやすいかもしれません。
FXOnline Japan、MJ、外為どっとコム、サイバーエージェントFX、
トレイダーズ証券FX、ネットウィング証券外貨FX、ヒロセ通商、
マネックスFX、マネーパートナーズ

興味がある方、詳しく知りたい方はこちらに説明があります。

相互リンクについて

為替相場の話ではないので、
関係ない方は読み飛ばしてください。

「相互リンク」についてなんですが……
基本的に相互リンクのお誘いは大歓迎ですし、うれしいんですけど、
ちょっと最近困ったブログからのお誘いが多いです。

どういったブログかというと、
「今日も何円勝ちました」「使っているのはこの手法」
こんな記事が延々と書かれています。

アフィリエイト収入目的のためだけに作ったブログなんだろうなと。
実際に本気で書いている方もいらっしゃるかもしれませんが、
どちらにしろ私にとって人にはすすめられないブログなので、
この手のブログはお断りさせていただこうと思います。

誤解がないように付け加えますが、
アフィリエイトが悪いとは全く思ってません。
真面目にされている方のブログは業者情報を仕入れるのに
すごい役立ちますから。

スプレッド競争の次は・・・

今回は為替相場とは全く関係のない話です。
タイトルに書いた「スプレッド」。
トレーダーズFX、クリック証券といった0銭のFX業者が登場してきたので、
業者間のスプレッド競争はそろそろ終わるかもしれませんね。
余力がある業者は追随するかもしれませんが、
ギリギリで競争に挑んでいた業者はあきらめるんじゃないでしょうかね。

そうなると、次にFX業者が何で競争をはじめるかが楽しみです。
個人的に希望するのを挙げてみると、
「約定能力の高さ」
「システムの安定性」
「チャートなどシステムの機能の充実」といったところでしょうか。

変動スプレッドを採用している業者が多いので、
スリッページせずにきちんと約定するかどうかを気にする方は多いと思いますが、
個人的にもやっぱり一番気になるところですかね。
平常時につるんつるんすべる様だと急変時にどれだけすべるんだと
不安になってしまうので。

あとは、人によって好みが分かれるところだと思うのですが、
私はブラウザではなくPCにインストールするリッチクライアントタイプが好きなので、
多くの業者がブラウザだけでなくリッチクライアントも用意してくれればなと。
国内の自社システムを使っている業者はほとんどがブラウザなので。

なんであれ、多方面で競争してくれたほうが利用者としてはうれしいですけどね。
業者選びの選択肢が増えるので。

買っちゃいました・・・

おはようございます。
とうとう買っちゃいました、といってもドル円とかポンド円ではなく、
先日チラッと触れた南緒さんの「FX革命!」。
どうしても袋とじが気になってしまい……
出版社の戦略にはまってしまったかもしれません。

まぁ、1,300円という価格なので、
当然高額なFX商材と比較してはいけないでしょうし、
数千円するパンローリング社の書籍とも比較してはいけないと思います。
1,000円~2,000円という価格帯の書籍の中で比較をしたら、
個人的にはしっかりと書かれた本じゃないかなと思いました。
取引をする上での考え方といったらいいんでしょうか、
あとはFXについて常識のように思われていることに対しての
南緒さんの考え方はおもしろいなと。

FX業者の紹介目的の入門本なんかと違って、
FXをはじめたばかりの初心者の方は読んで役立つんじゃないかと。

前にも書いたとおり、スワップ狙いの方は読まないほうがいいと思います。
たぶん文章に対してイラッとするんじゃないかなと……

ブログの衣替え完了・・・

前からずっとしたかったブログの衣替えが完了しました。
HTMLの勉強がてら1から作ってみたんですが、どうでしょうか。
一応IE7とfirefoxでは確認してみたので大丈夫だとは思うんですけどね。

取引ルールをふりかえる・・・

おはようございます。
 
先日、最近エクセルでいろいろと検証をしていると書きましたが、
こうゆうことをやるのって自分の取引ルールを見直す
良い機会になりますね。
 
私の基本的な取引ルール、というか思考回路を考えてみると、
 
①チャートでは移動平均線やトレンドライン、+ファンダメンタルで
 今の状態を考える

 
 この時点でかなりの主観が入ってしまうのですが、
 こうゆう方法でまずトレンドを考えます。
 
②移動平均線・トレンドラインにフィボナッチも追加して
 レジスタンス・サポートのラインを考える

 
 熟考するわけではなく、
 まずはチャートに手当たり次第ラインを引いてみて、
 視覚で捉えて選別していくかんじです。
 
③②で選んだラインでエントリー・ストップ・リミットを決定
 
 いろいろとシナリオを考えます。
 このラインを割るまでは強そうだとか、
 ここで反転するだろうとか。
 はっきり言って、思いっきり主観です。
 
 
まぁ、実際書いてみてしみじみ感じるのは、
単純な思考回路だなぁって……
それと「タイミング」という概念がないのかなと。
 
たしかに、移動平均線がクロスしたから買いだとか、
スローストキャスティクスが25以下でクロスしたから買いだとか……
そうゆう「タイミング」で買おうと考えないですね。
 
どちらかというと、状態を考えて売りか買いかを考えてから、
先にリミット・ストップのレートを決めて、
そしてバランスを考えてエントリーのレートを決めると。
そうゆう考え方が多いかなと思います。
 
とりあえず、いつでもブレない客観的なルールを追加する必要が
あるんだろうなぁと思います。

来年もよろしくお願いします・・・

今年最後の更新です。

FXだけでなく、総合して今年はどうでしたか?

私はFXの成績はプラスだったのでよかったのですが、
それ以外だとあまりよくはなかったかなぁというかんじです。

来年は公私ともに良い1年になればなぁと切に願います。

では、みなさんも良いお年を。
来年もよろしくお願いします。

今週の気になる記事・・・

休みなので、為替の見通しとは全然違う話でも……

今週木曜日の日経新聞に気になる記事がありました。
「FX業者を集中検査」というものですが、
これについての個人的な感想を書こうかなと思います。

サブプライム問題の影響で10月・11月と破綻する業者が出てきて、
しかも2社ともに顧客に被害が及ぶ可能性が高いと。
これ以上、同じことが起こらないようにするために
証券取引等監視等委員会が検査を行うようです。

まぁ、自分の身に起きてもおかしくないことだけに
しっかりと業者のチェックをしてもらうことはいいことなんですが……

記事に、去年7月~今年6月の間に検査を実施した12社すべてで
「財務や投資家保護上の問題点を指摘した」と。

1つ2つならともかく、検査したすべてのFX業者で問題があったなら、
そのときに早急に全業者に対して検査を実施していれば、
今回の2社の件は防げたのかもしれないんじゃないかと、
そんな風に思ってしまいます。

 

そもそもFXって不透明な部分が多いですよね。
今回の件で業者の実態って確かに不透明だなぁと思いましたが、
取引についてもレート・スプレッド・スワップと不透明なんですよね。
FXって取引所で統一して取引を行っているわけではないので、
仕方がない部分なんでしょうけど……

実際そのおかげで顧客が恩恵を受けているところもあるし。
手数料・スプレッド・スワップ金利といった部分が、業者の競争で
よりよい条件がでてくるのはそれが理由でしょうから。

 

今回の記事でしみじみ思ったのが、
会社の信用リスクって相当大きいのかもなってことですかね。
取引前にする決断が一番大事っていうのもなぁって気もしますが。

FX自体はすごくいい金融商品なんだから、
業界もよりよくなってくれることを願います。

 

結構、円安・・・

夕方から思いのほか円安になってますね。
ポンド円もよろしくない方向に行ってます……
とりあえずは、様子見。

まぁ、ドル円が109.10円ラインを超えてこないので、
他のクロス円もそこまで大きく円安にはいかないかなと
個人的には考えています。

今晩は特に大きな指標の発表はありませんから、
またアメリカの株価の動向をうかがいながらといった
かんじになるのでしょうか。

ポンド円は微妙な水準・・・

おはようございます。
先週ポンド円は221.27円まで下げましたが、
また224円台に復帰してますね。

先週終値が223.34円と個人的に分岐点と考えていた224.30円
超えられずに終わりましたが……
なんか微妙な水準だなという気がします。

「今年3月の安値221.08円は割らなかったこと」、
「終値では週足のトレンドラインを割らなかったこと」、
この2点が気になります。

ただ、逆にドル円は先週終値でも108.28円と
2005年9月の安値を割り込んでますから、
まだまだ円高になることは考えられるのかなって思います。

ということで先週書いたとおり、224.28円で売りました
ストップは11/20高値228.32→11/23安値221.27の61.8%戻し、
11/22高値225.65円より少し上の225.80円
リミットは11/21安値222.41円の少し上の222.50円にします。

ポンド円利確・・・

おはようございます。

昨日、ドル円が109円を割ってからの円高はすごかったですね。
売ってたポンド円はリミットに到達し、決済。
227.45円 → 224.30円 +315pips

ここからのポンド円の見通しとしては、
224.30円を超えて今週終われるかどうかだと思います。

一応、危険水域だと考えていた221~222円までは下げなかったので、
224.30円ライン回復は十分考えられます。

基本的には「戻り売り」継続で。
現状だと227円付近まで待ってから売りたいと考えてます。
今の時点だと224円あたりから売っていくには少々怖いですね。

221~222円まで下げてからだと、224円付近で売りたいですが。

気がつけば2年ぶりの安値を・・・

ちょっと仕事をしていて目を離していたら、
ドル円がとうとう2006年5月の安値を割りました。

次は約2年前の2005年9月安値108.75円ですね。

2年前というと私がちょうどFXを始めた時期でして、
とにかく「金利差」を材料に円安となりはじめたのが
この頃だったんじゃないのかなと思います。

ここを割ると、クロス円の下落がとまらなさそうな気がするんですが……

ポンド円、とりあえずは順調・・・

昨日の主なアメリカの2つの指標。
一応はイメージしていたような動き方をしました。

22:30の10月住宅着工件数は市場予測を上回る内容だったんですが、
同時刻に発表された先行指標の建設着工許可件数が16年ぶりの低水準で、
結果ドル売りと。

27:00のFOMC議事録は、連続の追加利下げが規定路線ではないということで
NYダウ下落 → 円買いとなりました。

一応、「経済成長の不透明感>インフレの不透明感」ということで、
インフレリスクによって利下げができないという状態ではないようですが、
「10月31日のFOMCはきわどい決定だった」と
追加利下げ観測が遠のく内容が含まれていました。

 

ポンド円はそんなに大きくは動いていませんが、
とりあえずは順調といえるでしょうかね。

今日は18:00にBOE議事録があるので注意しておきたいと思います。
前回は「利下げ1票・据え置き8票」だったんですが、
今回は「利下げ2票・据え置き7票」が予想されています。

利下げ票が2票以下であれば年内は据え置き、
そうでなければ年内利下げというふうに思われているようですね。

戻り売り開始・・・

今日は午後に入って一転、クロス円上昇。
日経平均が午後に入って約400円上昇し、
クロス円にも買いが入ったという流れだったようです。

ポンド円は今週月曜日、19日の高値水準まで来たので……
売っちゃいました、227.45円で。
228円を大幅に超えることはないだろうということで。
リミットは224.30円、ストップは228.50円に入れておきます。

27時にFOMC議事録があるのを考えると、
このタイミングでポジションを持つのはイマイチかもしれませんが。
まぁ、下方向の可能性のほうが高いのかなと思ったので。

今晩はFOMC議事録以外にも、
22:30に発表される10月住宅着工件数が1993年3月以来の低水準が
予想されているので、これは株安要因になりそうです。
また、FOMC議事録も追加利下げの可能性が遠のく内容であれば、
こちらも株安要因になるんじゃないかと思います。

となると……
“株安 → 円高”となり、クロス円下落と。
そんな都合のいいシナリオを思い描いてみたんですが、
どうなるんでしょうかね。

株も安いし・・・

おはようございます。
日経平均も下げてますが、クロス円も軟調です。

ドル円は110円手前までは来ていますが、
なかなか110円台には戻せず。

昨日もサブプライムに絡んで金融機関の投資判断が引き下げられたり、
国内でも三井住友フィナンシャルグループの今年度の見通しが
870億円の損失になると発表するなど……
本当に次から次へとでてきますね。

こうなってくると、ドル円は去年安値108.99円
120円をつける出発点となった一昨年9月安値108.75円。
どちらかというと、こういった下値を試す動きになるのかなと思います。

ドル円がこういった重要なサポートを割ったときの他のクロス円の動きは
先週のように急落となるんでしょうかね?

つられて下げるにしても、ポンド円は223.50円を割れてくると
かなりの危険信号なんじゃないかなと考えているんですが……
週足のトレンドラインを割れてしまう形となるので。

あとは以前書いた221~222円。
ここを割れると“ヘッドアンドショルダー”完成ですから。

ポンド円は買うにしても、これらのラインで跳ね返されたのを
確認してからのほうがいいのかなと。
今は先読みするのはリスクが高いと思います。

雑感・・・

おはようございます。
 
最近、いろいろなブログ・サイトを見ていて思ったんですが、
「トルコリラ」が注目されているようですね。
ということは、SAXO系の業者が人気なんですかね。
 
ただ、個人的には「トルコリラ」はサッパリわかりません。
「南アフリカランド」もですけど……
 
こういった高金利で人気の通貨について、
やはり低い流動性が取引のリスクとして挙げられます。
 
個人的に、これらに手をださない一番の理由は……
口座を持っている業者が取り扱っていないということです。
あとは、情報を仕入れづらいということもですかね。
 
慎重な私として一番気をつけているのは、
「わからないものはやらない」ということなので。
とうぶんすることはないんだろうなぁって思います。 
 
トルコや南アフリカの市況が手に入れることができるようになれば、
取引するかもしれませんけど。
 

取引の参考に・・・

今日は私が利用しているマーケット情報でも紹介しようかなと思います。
 
まぁ、とっておきってわけじゃないんですが、無料で見れるものなんで。
よければ利用してみてください。
 
 
最近よく各業者のレポートなんかでも目にするIMMポジション
これをチェックするなら、次のようなところがあります。
 
外為どっとコムIMMポジション
「マーケット情報」→「国際金融情報」にあります。
これはエクセルファイルになっていて、円・ユーロ・ポンド・豪ドルの4通貨が
載ってます。
 
セントラル短資IMMポジション推移
「マーケット情報」→「トレンド分析」にあります。
このほうが見やすいかもしれません。 掲載通貨は円・カナダドル・ポンド・
豪ドル・NZドル・スイスフラン・ユーロの6種類です。
 
セントラル短資は同じ「トレンド分析」にある「政策金利一覧」なんかも
見やすいと思います。
 
 
要人発言なんかだと、 
マネーパートナーズのピックアップニュースですかね。
カテゴリでオセアニア圏要人発言・アジア圏要人発言といったかんじで
分けられているので、見やすいかと思います。
 
 
リアルタイムのマーケットニュースは、みんな見ていると思われる
ひまわり証券のマーケットニュース
他の業者だとほとんど会員ページ内にあるんですが、ひまわり証券さんは
太っ腹ですね。
 
 
ん~、とりあえずこんなもんですかね。
 
 
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ     ←よければクリックお願いします。 

そういえば

うろうろといろんなブログを渡り歩いていたら…
女子高生(!)のFXのブログに行き着きました。
 
18ってプロフィールに書いてたから、もしかすると平成生まれ。
平成生まれで投資かよって、ツッコミたい気持ちとすごいなと
感心する気持ちで、なんか変な気分になりました。
 
いけないことではあるんでしょうけど、個人的には応援したいなと。
僕も世界経済の勉強なんかまったくしたことのない知識ゼロだったんで、
FXを始めた頃は大変で大変で…。 
でもリアルタイムに為替の動きを見ながらだと、本だけで勉強するよりは
楽しくすんなりと頭に入ったんで、勉強には良い方法だと思います。
 
内容を見ていると、すごいしっかりと将来的な資産の運用を見据えて
勉強のために始めたみたいなんで。
ぜひ頑張ってもらいたいと思います。 

システム障害・・・

昨日、僕の取引している会社がシステム障害ということで午前中取引が行えない状況になってたんです。原因は、取引再開時に異常レートをつけていたためにシステム元がシステムを止めてしまったことによるそうです。
今回、僕自身はそんなにポジションもなかったし、そんなに頻繁なトレードをするタイプでもないので影響は全くなかったんですけど… ただ、もしものことを考えたらシステム強度も取引会社を選ぶ上で重要だなとしみじみ思いました。
障害が起こらないのが当然ベストですけど、もし起こってしまったときに迅速な対応・復旧をしてほしいですよね。今回は5時間も取引停止していたことを考えたら、ちょっと弱すぎなのかな。システムもスタッフも。

う~ん NZD/USDも約定しましたが… AUD/USDともどもマイナスです。


スポンサードリンク

© Copyright amearare All Rights Reserved Since 2006.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。